最新情報

【春号:5月お届け】春を告げるサクラマス&地元で愛される白貝

「秋サケよりも、トキシラズよりも、サクラマスが一番のごちそう!」 そう話してくれたのは、地元で漁業を営む奥田宗一郎さん。北海道の先端のえりも岬を有する日高沖。日高山脈のミネラルをふんだんに含んだ川で生 …

続きを読む

完売御礼・かごんま食べる通信「いちごフェア」。初日で終了しました。(3月20日〜22日開催) @SHOP&CAFE 九州堂(東京都文京区千駄木)

フェア初日で、予定していたいちごは完売しました。 みなさま、ありがとうございました。 明日、明後日のご来場を予定していてくださったみなさま、申し訳ありません。 ============ 『かごんま食べ …

続きを読む
熱海鱒

【4月号】伊豆の山と海が育てる「熱海鱒」 

  伊豆食べる通信4月号は、伊豆の山と海の豊かな水、徹底した品質管理で育てられた「熱海鱒(あたみます・サクラマス)」を特集します。 伊豆半島にある標高1,400メートルの天城山。そこに黒潮の …

続きを読む

【限定20セット】(特別再販企画)『かごんま食べる通信』6号・園山兄弟とにんじん

 昨年2月に特集して大好評をいただいた「園山宗光・秀国兄弟とにんじん」。  園山兄弟は、鹿児島県での有機栽培農家の草分けの父の背中を見て育ちました。跡を継ぐことを頼まれたわけではないのに、6人兄弟全員 …

続きを読む

旅するジャム「キウイ」永塚崇嗣さん×手塚編集長

お陰様で完売しました!ありがとうございました。(2/29) 限定15個! 旅するジャム第2弾は、新潟市西蒲区産『キウイ』の 低糖度ジャム! どこか「南国の果物」のイメージがある「キウイ」。米どころ新潟 …

続きを読む

【限定50セット】さいき・あまべ食べる通信で特集した「美人ぶり」再販売!

 さいき・あまべ食べる通信の2019年冬号で取材した「美人ぶり」ですが、とても好評でたくさんの読者さんから「また食べたい」とご連絡いただくことがたくさんありました。全国放送グルメ情報番組でも取材される …

続きを読む

【京都食べる通信イベント情報】2/23(日)『京とつながる旬食会~福知山からのおくりもの~』を開催(無印良品グランフロント大阪店)

京都府内の一次産業を応援する「京都食べる通信」が主催する今回のイベントでは、農薬・肥料不使用にこだわり、自然の力だけで年間150種類以上のお野菜を育てる京都府福知山市の86farmの岩切さんをゲストに …

続きを読む

RKB毎日放送の今日感テレビで取り上げられました!

ふくおか食べる通信、編集長の梶原です。 2020年2月6日にRKB毎日放送の今日感テレビにて、ふくおか食べる通信を取り上げて頂きました。 テレビに取り上げて頂いた後にはお問い合わせやお申込みを数件頂き …

続きを読む

【無料公開】ホタテがつないだ浜の復興。2014年4月号「恋し浜ホタテ」

2020年2月15日放送の「ブラタモリ」でも特集される「恋し浜駅」。 全国に4つある「恋」のつく駅として知られています。 わずか20数世帯の、小さな集落「小石浜」。いまやメディアにも多数取材され、三陸 …

続きを読む

京都のホテルが本気で選ぶ、こだわりの生産者【京都食べる通信】

京都・東本願寺の目の前にある「カンラ京都」。「アート&カルチャー」と京都の和融合する「ホテル アンテルーム京都」。2つのモダンなホテルを運営する株式会社UDSが製作・発行しているのが京都食べる通信です …

続きを読む

【冬号2月お届け】ブサかわいい顔が憎めないごっこ!?食べると病みつき~♪

はじめまして、ホテイウオと言います。 僕は、地元では主に「ごっこ」と呼ばれており、主に道南地域で「ごっこ汁」にしてこの季節楽しまれています。 身はコラーゲンの塊で、鮟鱇センパイのような食感。鮟鱇センパ …

続きを読む

ふくおか食べる通信がデジタル絵本になりました!

「ふくおか食べる通信」の編集長として、福岡県内を走り回っている梶原圭三さん。その活動を福岡在住のイラストレーター・尾野久子さんがデジタル絵本としてまとめられています。 梶原さんが脱サラ・Uターンした経 …

続きを読む

【無料公開】零下20℃の放牧地。2017年2月号「中洞生きもの学校」バックナンバー その4

その1        その2   その3  「これからの酪農はちゃんと自分の価値を自分で発信できるようにならないとダメだ。だから読む力も、書く力も、話す力も磨かないといけない」。中洞さんのこの言葉には …

続きを読む

【無料公開】零下20℃の放牧地。2017年2月号「中洞生きもの学校」バックナンバー その3

その1        その2  その4 ぶれない志 1987年までは、自然放牧で酪農を営むことは、それほど珍しい光景ではないかった。しかしこの年以降、状況は一変する。牛乳の原料となる生乳を農協に出荷す …

続きを読む

【無料公開】零下20℃の放牧地。2017年2月号「中洞生きもの学校」バックナンバー その2

その1     その3   その4 臭いがしない牧場 中洞牧場で驚かされたことのひとつに、臭いがある。牛舎飼いの酪農の現場は、とにかく糞尿の臭いが鼻につく。私が前述したメガファームで研修したとき、一度 …

続きを読む