食べる通信一覧

現在通信!


国内36通信+海外4通信
※総創刊団体56

北海道

東北

たべあきない -食べる通信 from あきた-

季刊
3,500円(送料・税込)

食の伝統を守り続けている人や、新しいアイデアや演出で、秋田の食に新鮮な息吹を吹き込んでいる人など、一生懸命に「食べ商い(たべあきない)」をしている人たちの想いやストリーを、「食べ飽きない(たべあきない)」美味しさとともに定期購読で年4回、お届けします。

この食べる通信を購読する

高校生が伝えるふくしま食べる通信

季刊
2,850円(送料・税込)

はじまりは「大好きな福島が誤解されて悔しい」という想いから。創刊から6学年にわたってバトンをつないできた高校生編集部。企画、取材、原稿作成を通し、福島の志ある熱い生産者さんから多くのことを学びながら、毎号成長を重ねています。

この食べる通信を購読する

東北食べる通信

月刊
1,680円(税込)+送料

編集部が東北中を駆け回って惚れ込んだ、農家さん・漁師さんの物語をお届けします。茎付きのサトイモ、殻付きの牡蠣…一緒に届ける食べ物もなるべく自然に近い状態にしています。ぜひ家庭で畑や海の香りを楽しんでください。

この食べる通信を購読する

三陸食べる通信

季刊
3,480円(送料・税込)

青森県の八戸から宮城県の沿岸部までのエリアは「三陸」と呼ばれており、世界三大漁場の一つ、三陸沖に面しています。 東日本大震災で甚大な被害を受けましたが、一生懸命に生きる人々の思いと美味しいたべものを届けていきます。釜石で民泊もしています。 とても魅力的な「三陸」を故郷と思ってもらえるようなコミュニティを作っていきます。

この食べる通信を購読する

関東

埼玉食べる通信

季刊
2,980円(送料・税込)

埼玉県は、母なる川・荒川と利根川に挟まれた肥沃な大地では実にありとあらゆるものが生産されています。江戸の昔より首都の食を支えてきた埼玉の生産物は品質も高く、野菜の産出額は全国6位、農業生産伸び率も1位となっています。 そんな、知られざる埼玉の“つくる”をお届けします。

この食べる通信を購読する

北関東食べる通信

隔月刊
3,500円(送料・税込)

群馬・栃木・茨城は首都圏からも近く、独自の食文化や風土を生かした食べ物も豊富な地域です。北関東の美味しいと面白いをお届けし、読者の皆さんに楽しく北関東と親しんでもらえればという願いで発刊しました。 7月号では、夏の風物詩、栃木県さくら市のアユを特集します。那珂川水系は日本で一番アユの水揚げ量が多い川で、今でも生産がとても盛んな地域です。どうぞお楽しみに。

この食べる通信を購読する

中部

知多半島食べる通信

季刊
2,500円(税込)+送料

【2019年3月創刊】知多半島にこだわって情報発信をしてきた「EDIT知多半島」編集部が、“知多半島=食半島”を体感していただけるような物語をお届けします。温暖な気候と2つの湾から生み出される様々な食材をお楽しみください。 季刊誌 EDIT知多半島/ http://chitahantou.net

この食べる通信を購読する

伊豆食べる通信

季刊
2,980円(送料・税込)

豊かな海と深い山々。伊豆半島のその現場から、魅力的な“ひと”“場所”そして“食材”をお届けします。伊豆食べる通信は、伊豆の可能性を拡げていきます。

この食べる通信を購読する

山の暮らしを食べる通信 from さいはら

季刊
2,300円(税込)+送料

【2019年7月創刊】今だからこそ、“百姓”としての暮らしが残る山村に触れてほしい。山奥で育てるワサビや代々受け継いできた雑穀、在来種の野菜たち。そのストーリーには、自然の営みに沿った持続可能な暮らしへのヒントと、生きる充実感があふれています。 東京に最も近い秘境・山梨県上野原市西原地区から、百姓と自然が育んだ“山の食べもの”をお届けします。都市と山村を結び、百姓の知恵と技をつないでいくコミュニティをめざして。

この食べる通信を購読する

やまなし食べる通信

隔月刊
3,000円(送料・税込)

山梨県のおいしいものというと何をイメージしますか? ぶどう?桃?ワイン? 「やまなし食べる通信」では、山梨県人も知らない山梨県の 生産物、生産者の魅力を誌面いっぱいにお伝えします。 山梨県は海なし県ですが、皆さんの五感をくすぐるおいしいものが 山ほどあります。山梨の魅力を山梨のおごっそう(甲州弁で ごちそうの意味)と一緒に発見してみてください。

この食べる通信を購読する

あいち食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料

【2019年3月創刊】「地元に誇りと責任を!」の愛言葉を掲げ創刊するあいち食べる通信。都市部も農村部も有する愛知県の大いなる魅力を発信します。目標は農家さんと消費者さんとの絆づくり。紙面を通して知り合い出会い語り合えるイベントも開催いたします。愛知県をもっと好きになっちゃってください!

この食べる通信を購読する

近畿

大阪食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料

大阪の名物は知っているけれど、大阪で作られている美味しい食材を知っている人は、少ないのではないでしょうか?三方を山々に、西は大阪湾に囲まれた大阪。ここには毎日美味しさを求めて研鑽を重ねるすばらしい生産者さんがたくさんいるのです。私たち大阪食べる通信は、「大阪の生産者さんと食材について自信と誇りを持って語れる大阪人を増やすため」に誕生しました。

この食べる通信を購読する

滋賀食べる通信

季刊
3,000円(送料・税込)

琵琶湖と周囲の山が発酵に適した気温と湿度をもたらす滋賀では、鮒ずしなど、独自の発酵食文化が育まれてきました。 長い間自然の力と人々の手間ひまによって脈々と受け打つがれてきた、 滋賀の豊かな発酵食文化に注目し、 本当に美味しいものを探してやまない人たちへ、 “知って深める美味しい体験”を届けます。

この食べる通信を購読する

京都食べる通信

隔月刊
2,300円(税込)+送料

【京都を深く知るフードジャーナル】 京都の知られていない魅力を生産者を通して知ってほしい!という想いから、ホテルカンラ京都・アンテルーム京都を運営しているまちづくり会社・UDS株式会社が京都食べる通信を制作します。 2ヵ月に一度、京都府の生産者や産地情報が載った情報誌と、食材をセットにしてお届けします。

この食べる通信を購読する

中国

極-KIWAMI-食べる通信 from島根

季刊
4,980円(送料・税込)

「いいモノは いいヒトがつくっている」 をコンセプトに、島根の食につながるこだわりの生産者・職人達を紹介していきます。たくさんの人に手にとっていただいて、関わっていただいて、島根の“食の根っこ”=“極”をつないでいけたらと思っています。

この食べる通信を購読する

鳥取食べる通信

隔月刊
2,000円(税込)+送料

海の幸・山の幸に恵まれた、食のみやこ鳥取県。そんな鳥取の生産者の物語とそのこだわりの食材をお届けします。鳥取食べる通信で、いつもの食卓を一味ちがうものにしてみませんか。3月号は福昌丸船長・山本さんが獲った「モサエビ」を冬の日本海よりお届けします!

この食べる通信を購読する

やまぐち食べる通信

季刊
3,980円(送料・税込)

世界中どこでも端っこは面白い。日本海、瀬戸内、響灘に三方を囲まれた本州最先端の山口県。海の幸だけでなく、豊かな山々と清らかな水に恵まれ、山の幸にもことかかない。さぁ、食の宝さがしにでかけよう。

この食べる通信を購読する

ひろしま食べる通信

隔月刊
3,240円(送料・税込)

広島県が「ふるさと」の人、広島県を「ふるさと」にしたい人へ。 平和都市でも世界遺産でもない、「食の生産地」という広島県の魅力を知り、「広島大好き!」な人たちがたくさん生まれ、つながってほしい。多彩な食材とそのつくり手のパワーを、存分に味わってください!

この食べる通信を購読する

四国

こうち食べる通信

季刊
3,000円(税込)+送料

【2019年5月創刊予定】 高知県の魅力は、山・川・海があり、とびっきりのお日様が降り注ぐ恵まれた環境で育つ元気な食材と、それを作る人たちの野生力に満ち溢れた生き方。高知に来るとその人間力に引き込まれ魅了される方が多くいらっしゃるのです。そんな高知県へと “動きたくなる” 食べ物付き情報誌を目指します。第一回目の特集は300年以上続く街路市『日曜市』から旬をお届けします。

この食べる通信を購読する

九州/沖縄

おきなわ食べる通信

隔月刊
3,680円(送料・税込)〜

亜熱帯の島々で「体が喜ぶ」食品づくりに取り組んでいる方々をご紹介していきます。「食べることは“ぬちぐすい(命の薬)”」。沖縄の先人たちが伝え残したこの名言を、多くの皆さんにも読んで食べて実感していただければ幸いです。

この食べる通信を購読する

かごんま食べる通信

隔月刊
3,500円(送料・税込)

あなたの知らない鹿児島をお届けします。 「かごんま」とは「鹿児島」の地元での呼び方。 特集する生産者さんのKey Wordは、Challenger! 年齢、性別等に関係なく、既存の生産・栽培方法、販売方法などにとらわれず、常にチャレンジしている人たちです。 ※9号の購読申し込みは、終了しました。10号(2019年10月25日発行)の購読申し込みは、2019年10月8日正午〆切です。

この食べる通信を購読する

ふくおか食べる通信

隔月刊
3,500円(送料・税込)

知っている人が作ったものを知っているどうしで食べる「知産知消」。 行きつけのお店があるように、ごひいきの農家さん・漁師さんがあったら、それって嬉しくないですか? 福岡県内の農家さん約5万人、漁師さん約5千人 ふくおか食べる通信は、ごひいきの農家さん・漁師さんを見つけ、ふれ合う「宝探し」のお手伝いをいたします。

この食べる通信を購読する

高千穂郷食べる通信

季刊
3,500円(送料・税込)

九州の山々に囲まれた高千穂郷。古来より人々が自然の恵みを巧みに利用し暮らしており、その暮らしが評価され、2015年に世界農業遺産に認定されました。高千穂郷の暮らしを、ぜひ体験してください。

この食べる通信を購読する

ながさき食べる通信

隔月刊
3,000円(税込)+送料

【2019年11月創刊】美味しいを生み出す人の物語を伝える旅、特上の「ながさきんもん」長崎の人・食べ物をお届けします。「ながさき」にご縁がある方も、応援したい方も、少し気になる方も、一緒に、ココロとカラダがよろこぶストーリーを旅しましょう。

この食べる通信を購読する

長島大陸食べる通信

季刊
3,780円(送料・税込)

ようこそ、小さな大陸へ。 ただ読むだけでない、ただ食すだけでもない 島だけど、大陸のような変化に富んだ環境とそこで育まれた知られざる食材の宝庫『長島大陸』 壮大な生産のドラマや地元ならではの食べ方と共に、生命力あふれる食材をあなたにお届けします。 食べて終わりではなく、これをきっかけに長島大陸とつながりませんか?

この食べる通信を購読する

さいき・あまべ食べる通信

季刊
3,500円(送料・税込)

「さいきの殿様、浦でもつ」と言われるように大分県佐伯市は約500種の魚がいる豊後水道に面した漁業の盛んなまちです。あまべ(海部)の漁師や加工業者の玄人的「ものづくりへの思い」を食材とともに、佐伯の味力もお伝えしていきます。

この食べる通信を購読する

宮崎ひなた食べる通信

季刊
2,500円(税込)+送料

宮崎の“ひなた”で育った野菜、果物、肉、魚を通して関係人口の獲得を目指します。生産現場からの問題提起を食卓に届け、日本の食がどこに向かうべきかを探ります。生産者との交流イベント、収穫体験なども企画しますので、ぜひ宮崎にお越しください。 現在3号(2019年8月22日発行予定)からの定期購読を受け付け中です。申込みの締切は2019年8月8日正午です。

この食べる通信を購読する

テーマ型

旅する食べる通信

季刊
3,300円(送料・税込)

東京から新潟県に移住し、農業の大変さに気づいて「稲花-ineca-食べる通信from新潟」を創刊。2018年5月「旅する食べる通信」としてリニューアルしました。編集長が全国を回り〝行きたい!会いたい!食べてみたい!〟を作ります。

この食べる通信を購読する