東北食べる通信 投稿一覧

【無料公開】ホタテがつないだ浜の復興。2014年4月号「恋し浜ホタテ」

2020年2月15日放送の「ブラタモリ」でも特集される「恋し浜駅」。 全国に4つある「恋」のつく駅として知られています。 わずか20数世帯の、小さな集落「小石浜」。いまやメディアにも多数取材され、三陸 …

続きを読む

【無料公開】零下20℃の放牧地。2017年2月号「中洞生きもの学校」バックナンバー その4

その1        その2   その3  「これからの酪農はちゃんと自分の価値を自分で発信できるようにならないとダメだ。だから読む力も、書く力も、話す力も磨かないといけない」。中洞さんのこの言葉には …

続きを読む

【無料公開】零下20℃の放牧地。2017年2月号「中洞生きもの学校」バックナンバー その3

その1        その2  その4 ぶれない志 1987年までは、自然放牧で酪農を営むことは、それほど珍しい光景ではないかった。しかしこの年以降、状況は一変する。牛乳の原料となる生乳を農協に出荷す …

続きを読む

【無料公開】零下20℃の放牧地。2017年2月号「中洞生きもの学校」バックナンバー その2

その1     その3   その4 臭いがしない牧場 中洞牧場で驚かされたことのひとつに、臭いがある。牛舎飼いの酪農の現場は、とにかく糞尿の臭いが鼻につく。私が前述したメガファームで研修したとき、一度 …

続きを読む

【無料公開】零下20℃の放牧地。2017年2月号「中洞生きもの学校」バックナンバー

食べる通信の過去の特集号を一部ご紹介する「バックナンバーアーカイブ」。今回は、2017年2月に東北食べる通信が発行した「なかほら牧場」特集号をお届けします。 「冬には零下20℃にもなる北上山地で、放牧 …

続きを読む

「熊に会った次の日の朝、世界がまるっきり変わっていました」 りんご農家 兎澤さんの物語

「りんご作りをやめようと思って山に入りました。私にとってりんご作りをやめるということは、死ぬということなので、そういうつもりで山に入ったんです。でもそこで親子連れの熊に出会いました。距離は3mほどでし …

続きを読む

8/3【東京開催】「漁師のヨメと浜料理を作る会」

【イベント開催のお知らせ】 8/3(土)漁師のヨメと浜料理を作る会 東北食べる通信の2019年6月号で特集した鈴木直也さんの妻「浜子」さんが、獲れたてピチピチのメバルとともに東京にやって来ます!浜子さ …

続きを読む

話題沸騰のグラスフェッドバターはどうやってできているの?―なかほら牧場2泊3日体験記

東北食べる通信に1ヶ月のインターンとして参加した、長野県で農業法人につとめている荒井美波さん。2019年2月から3月におよぶ滞在の中で、数々の生産者を訪れ、取材や体験をおこなってきました。 数ある訪問 …

続きを読む

4/19(金)開催 高橋博之登壇イベントのお知らせ

鎌倉投信創業者であり、現在は株式会社eumoの社長を務める新井和宏さんからご依頼頂き、高橋博之が寺子屋で講師をつとめます。 テーマは「都市と地方をかきまぜる」。 東京での久しぶりの講演となりますので、 …

続きを読む

【ワカメを食べて漁師を呼ぼう!】#キャンペーン開催中

【一人でも多くの人に、国産ワカメを食べてみて欲しい!】 みなさん、「国産ワカメ」食べたことありますか? 三陸のワカメは今、正念場を迎えています。震災の影響で漁師が減り、ワカメの生産量が減り、反比例して …

続きを読む

【メディア掲載情報】1/21付 弘前経済新聞『平成の百姓一揆”高橋博之 47キャラバン”』

  2019/1/21付の弘前経済新聞で、代表・髙橋博之が開催する『平成の百姓一揆”高橋博之 47キャラバン”』の様子をご紹介頂きました。 https://hirosaki.k …

続きを読む

【参加費無料】2/9〜11開催『浜の魅力体験講座』岩手県気仙地区

【リアルな漁業体験ができる参加費無料のツアーを開催】 NPO法人東北開墾が企画し、岩手県が主催する、岩手県大船渡市での2泊3日の漁業体験型ツアーを開催します。 漁業就労や、漁業全般に関心があるかた、岩 …

続きを読む