最新情報

\Rakuten Social Accelerator Demo Day終了!/

この週末、「Rakuten Social Accelerator」のDemo Day(成果発表会)が楽天本社ビルで開催されました。来場者数は約400名。協働団体ごとのピッチでは、リーグ代表・高橋博之が …

続きを読む

【メディア掲載情報】1/21付 弘前経済新聞『平成の百姓一揆”高橋博之 47キャラバン”』

  2019/1/21付の弘前経済新聞で、代表・髙橋博之が開催する『平成の百姓一揆”高橋博之 47キャラバン”』の様子をご紹介頂きました。 https://hirosaki.k …

続きを読む

【参加費無料】2/9〜11開催『浜の魅力体験講座』岩手県気仙地区

【リアルな漁業体験ができる参加費無料のツアーを開催】 NPO法人東北開墾が企画し、岩手県が主催する、岩手県大船渡市での2泊3日の漁業体験型ツアーを開催します。 漁業就労や、漁業全般に関心があるかた、岩 …

続きを読む

【メディア掲載情報】1/17付河北新報『東北食べる通信』

  2019/1/17付の河北新報<東北の道しるべ>に、東北食べる通信編集長・髙橋博之の寄稿文が掲載されました。

続きを読む

生産者の声「今まで考えられなかった縁。生産者・読者コラボの可能性」

私より前に『東北食べる通信』で特集された福島県の白石長利さんとつながって世界が広がりました。彼の畑で育てた大根を私がいぶり大根につけるコラボから、秋田と福島、読者とコミュニティの交流 …

続きを読む

生産者の声「食べた人から『うまい』の声。生産者冥利に尽きる」

俺の場合は読者の人とSNSやイベントで直で接して、自分のホタテの感想を言ってもらったのが大きかった。あれだけ大勢に「うまい!」って言ってもらえるのは生産者冥利に尽きる。地域の他の漁師にも同し …

続きを読む

生産者の声「相馬のために、なんとかしたい。 同じ思いで編集部も読者もつながっている」

自然卵養鶏法で育てた鶏卵の販売を始めたタイミングで特集してもらいました。1パック 700円を超える高い商品。販路も何もない状態でしたが、読者の口コミから販路がぐっと広がった。『そうま …

続きを読む

生産者の声「お茶づくりだけではない、自分の 「総体」を情報誌にしてくれた感動」

僕がなぜ新規就農し耕作放棄地を茶畑に変えたか、そして目指す理想。それをライフストーリーや農場の循環モデルなど、誌面企画を駆使して情報誌にまとめてくれました。 お茶の魅力だけじゃない、僕の「 …

続きを読む

読者の声「色々な生産者とつながっていたから 下北半島への移住も決断できた」

私の場合は生産者と結婚するというかなり特殊なパターンですね(笑)。2013年に食べる通信に出会って、東北各地の生産者とつながった。なので結婚して下北へ移住する話がでたときも東北のあちこち …

続きを読む

読者の声「仲間や生産者とつながって、イベントや マルシェに参加する。それが楽しいですね」

20年来有機野菜の宅配サービスを利用してきましたが、食べる通信は現地体験やイベントでどんどん仲間ができていく、そして生産者さんと距離が近いのが魅力ですね。年代も仕事もバラバ …

続きを読む

読者の声「魚、肉、野菜、その裏側がわかるって 新鮮な驚き。新しい世界の入口でした」

それまで八百屋さんで買物をするとき、野菜について質問したこともなかったんですが、食べる通信で作り手のモチ ベーションがわかって、今は色々なことを知りたいし、コミュニケーションしながら …

続きを読む

【メディア掲載情報】1/20付『極-KIWAMI-食べる通信from島根』

2019/1/20付の毎日新聞「日曜エッセー」で、『極-KIWAMI-食べる通信from島根』をご紹介頂きました。 http://mainichi.jp/articles/20190120/ddl/k …

続きを読む

1/26(土)Rakuten Social Accelerator Demo Day開催!

  1/26(土)に、昨夏より半年間協働してきた楽天の本社ビルにて「Rakuten Social Accelerator」のDemo Day(成果発表会)が開催されます! 「Rakuten Socia …

続きを読む

【新年のご挨拶】日本食べる通信リーグ 2019

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は日本食べる通信リーグおよび各「食べる通信」に多大なるご支援・ご参加をいただきまして誠にありがとうございました。リーグ一同、厚く御礼申し上げます。 2018 …

続きを読む

もっとみんなが農家さんの現場に行ったら、「変わるかもしれない」と思っていて。−−『京都食べる通信』編集長・鈴木晴奈

生産者との交渉から、取材、執筆、誌面デザインまで手がける『京都食べる通信』編集長・鈴木晴奈さん(32)。自然に翻弄される現場に身をおく日々のなかで、自身の内面に大きな変化を感じていると語る。京都という …

続きを読む