【9月号】高知県仁淀川町 山のめぐみ舎 の 手づくり「池川こんにゃく」

【9月号】高知県仁淀川町 山のめぐみ舎 の 手づくり「池川こんにゃく」

仁淀川と暮らしに根付く伝統のこんにゃく   奇跡の清流と呼ばれ高い水質を誇る仁淀川。透明度が高く青く見えることで仁淀ブルーとも称される。山のめぐみ舎は仁淀川の上流、高知県仁淀川町にある。適し …

続きを読む

【秋号】宮崎・延岡「祝子農園」の新米

  秋号のお届けは「祝子農園の新米」 宮崎ひなた食べる通信・秋号では、宮崎県延岡市で農薬や化学肥料を使わず、植物が本来持つ力を最大限に生かして育てられた「祝子(ほうり)農園」の新米をお届けし …

続きを読む

【6月号】行動あるのみ! 野本沙織さんのお茶加工品

食材   「日本名水百選」の一つに選ばれている丸池がある湧水町は、その名の通り、きれいな水が潤沢にある地域です。冬の寒さが厳しいだけでなく、一年を通して朝夕の寒暖差が大きいので、お茶の生育にとても適し …

続きを読む
下田ブルー

【7月号】放し飼いでのびのび育つ幸せの青い卵「下田ブルー」

下田ブルー   次号の舞台は、下田市柿崎。温暖な気候、美味しい魚介、透き通る蒼い海が魅力の下田へ移住し、自然養鶏にチャレンジしている稲田さん夫妻が愛情込めて育てるアローカナの卵「下田ブルー」 …

続きを読む

【4月号】親子二代の挑戦! 日高ファミリーの塩(坊津の華)

食材 山からのミネラル豊富な水が流れこみ、珊瑚礁が生息するきれいな海の水を釜でじっくり焚いて出来上がった塩をお届けします。カドがなく、とてもまろやかで、作った人の人柄を表すかのように優しい味わいです。 …

続きを読む

【1月号】超希少『ニホンミツバチの蜂蜜』

食材 ふくおか食べる通信Vol.26(1月下旬お届け予定)は、 希少品中の希少品「ニホンミツバチの蜂蜜」です。 私たちが口にしている蜂蜜のほとんどはセイヨウミツバチが採取した蜂蜜です。 セイヨウミツバ …

続きを読む
倉庫で保管中の3年生こんにゃく芋

【3月号】3年かけて育てても生食できないこんにゃく芋-群馬県昭和村

食材 こんにゃく芋生産量日本一の群馬県昭和村 全国で収穫される55,900tのうち、93.2%が群馬県で作られている「こんにゃく芋」(令和元年)。その中でも、昭和村は県内最大の産地です。新潟へ向かう、 …

続きを読む
田中山たくあん

【1月号】くろばかな土が作り出す伝統の味「田中山たくあん」

    次号の舞台は伊豆の国市南東の山間部に位置する田中山。 スイカやトウモロコシなど年間通して、様々な種類の農産物が作られており、その美味しさ、品質の良さから田中山ブランドとして …

続きを読む

【11月号】秋田県鹿角市・坂本寿美子さんが育てた「ゆきのこまち」

食材 東北食べる通信11月号では、秋田県鹿角市の坂本寿美子さんが育てたゆきのこまちの玄米、玄米茶を特集します。 生産者 秋田県鹿角市の坂本寿美子さん 秋田県鹿角市、八幡平の麓で農業を営む坂本寿美子さん …

続きを読む

【5月号】しあわせたまごー 西海市 松本英樹さん

生産者     ニワトリさんの「しあわせ」が、タマゴを食べる皆さんや自分の「しあわせ」になる。 コンピューターが好きで、小売のシステム部門で昼夜問わず働いていた松本さんが、「四十に …

続きを読む

【3月号】山形県鮭川村・最上まいたけの皆さんが育てた「山伏茸」

食材 東北食べる通信3月号では、山形県鮭川村の「最上まいたけ」の皆さんが育てた山伏茸(やまぶしたけ)を特集します。 生産者 山形県鮭川村の「最上まいたけ」の荒木賢人(よしひと)さん 山形県の北部、東北 …

続きを読む

【1月号】雲仙しおかぜ黒糖-有馬黒糖研究会 南島原市・雲仙市

生産者   雲仙岳のサトウキビ、甘く、美味しく、コクのある~、雲仙しおかぜ黒糖~♪有馬黒糖研究会は、この冬、5回目の黒糖作りを迎えた。雲仙山系を抱く島原半島は温暖な気候で、有機栽培で育てたサ …

続きを読む