2019年6月創刊!「あづまっぺ。お米を食べる通信」

2019年6月創刊!「あづまっぺ。お米を食べる通信」

福島の富士山!?吾妻山をぐるっと!おいしいお米をお届け はじめまして。「あづまっぺ。お米を食べる通信」です! 福島県と山形県の境界には吾妻連峰があり、「吾妻山(あづまやま)」という小さい富士山のような …

続きを読む

大鉄砲(おおでっぽう)。かつて甲子園にかけた情熱を豆腐に注ぐ近藤さん

輸入自由化により、安い外国産大豆が市場を席巻。大豆から他の作物へ切り替えざるを得ない農家が増えた。さらに、四方を山々に囲まれ、平野部が少ない奈良県ではまとまった量の県産大豆を作る農家はほとんどいない。 …

続きを読む

貴重な兵庫県豊岡市産こだわりリンゴと有機野菜をセットでお届け

「兵庫食べる通信」最新号(2019年冬号)の購読受付は終了しました。 次号(2019年春号)の購読受付は、準備ができ次第、当サイトトップページにてご案内いたします。 「兵庫食べる通信」2019年冬号で …

続きを読む

常識をひっくり返す!早採り生わかめ

岩手県大船渡市。ギザギザと入り組んだリアス式海岸の地で、熱い想いを持った一人の若手漁師が立ち上がりました。お笑い芸人を目指し、上京したこともあるという、異色の漁師・千葉豪さん(36)。 彼がそだててい …

続きを読む

牡蠣の生命力を蓄える『杭打ち式牡蠣』

Vol.17(3月号)で特集するのは広島県呉市安浦町の金田水産3代目・金田祐児さん。初代から「杭打ち式」という方式で牡蠣の養殖を続けており、「広島県ではうちの牡蠣が一番」と自信を見せる。広島県といえば …

続きを読む

小規模鶏卵農家の現実と未来! <2019年2月号>

滋養強壮の切り札として重宝されたのは、もう昔のこと。〝お買い得!1パック98円〟というスーパーの広告も今や珍しくない卵。 3000万羽の飼育目指す大手企業がある中で、小規模養鶏農家は後継者不足で生産者 …

続きを読む