未分類

生産者の声「今まで考えられなかった縁。生産者・読者コラボの可能性」

私より前に『東北食べる通信』で特集された福島県の白石長利さんとつながって世界が広がりました。彼の畑で育てた大根を私がいぶり大根につけるコラボから、秋田と福島、読者とコミュニティの交流 …

続きを読む

生産者の声「食べた人から『うまい』の声。生産者冥利に尽きる」

俺の場合は読者の人とSNSやイベントで直で接して、自分のホタテの感想を言ってもらったのが大きかった。あれだけ大勢に「うまい!」って言ってもらえるのは生産者冥利に尽きる。地域の他の漁師にも同し …

続きを読む

生産者の声「相馬のために、なんとかしたい。 同じ思いで編集部も読者もつながっている」

自然卵養鶏法で育てた鶏卵の販売を始めたタイミングで特集してもらいました。1パック 700円を超える高い商品。販路も何もない状態でしたが、読者の口コミから販路がぐっと広がった。『そうま …

続きを読む

生産者の声「お茶づくりだけではない、自分の 「総体」を情報誌にしてくれた感動」

僕がなぜ新規就農し耕作放棄地を茶畑に変えたか、そして目指す理想。それをライフストーリーや農場の循環モデルなど、誌面企画を駆使して情報誌にまとめてくれました。 お茶の魅力だけじゃない、僕の「 …

続きを読む

読者の声「色々な生産者とつながっていたから 下北半島への移住も決断できた」

私の場合は生産者と結婚するというかなり特殊なパターンですね(笑)。2013年に食べる通信に出会って、東北各地の生産者とつながった。なので結婚して下北へ移住する話がでたときも東北のあちこち …

続きを読む

読者の声「仲間や生産者とつながって、イベントや マルシェに参加する。それが楽しいですね」

20年来有機野菜の宅配サービスを利用してきましたが、食べる通信は現地体験やイベントでどんどん仲間ができていく、そして生産者さんと距離が近いのが魅力ですね。年代も仕事もバラバ …

続きを読む

読者の声「魚、肉、野菜、その裏側がわかるって 新鮮な驚き。新しい世界の入口でした」

それまで八百屋さんで買物をするとき、野菜について質問したこともなかったんですが、食べる通信で作り手のモチ ベーションがわかって、今は色々なことを知りたいし、コミュニケーションしながら …

続きを読む

あなたが言っている"都市と地方をかきまぜる"は、日本の映画『君の名は』で伝えていたメッセージそのものだ

アニョハセヨ!今、ソウルにいます。雪です。東北より寒いです。なのに、Tシャツとパーカーという薄着で来てしまいました。ホテルの部屋に歯ブラシがなく、フロントで聞いたら「ありません」と言われ、シャワーあが …

続きを読む

非典型日本人、高橋博之〜台湾訪問記まとめ〜

おばんでございます。高橋博之です。一週間ぶりに台湾から帰りました。 「非典型日本人、高橋 博之」。そう何度も台湾人に言われました。本音と建前がなく、はっきりモノを言うからだそうです。あと、飾らないとこ …

続きを読む

備中食べる通信9月号 美膳軍鶏食材内容決定です

備中食べる通信4号目となる9月号!   何日も取材を重ねて どう美膳軍鶏も美味しさと 生産者の想いを伝えていくのかスタッフと議論をしました。 今日は鶏をさばく行程を取材! 本当は最初から 行程をお見せ …

続きを読む

おきなわ食べる通信、創刊号の締め切り迫る!

おきなわ食べる通信は、2016年8月よりいよいよ創刊となります! 創刊号の特集は、農水苑・虹 前田英章さん の「純黒糖」。 前田さん自ら立ち上げた農場では、農薬や化学肥料を一切使用せず、海藻や珊瑚石灰 …

続きを読む

【くまもと食べる通信】”漁協”って行ったことありますか?

皆さん、漁協って行ったことありますか? 私もくまたべを始めるまでは行ったことありませんでした。 勝手に「海の男たちが荒々しく荷捌きをやっていて近寄れない雰囲気」なんてイメージを持っていました。 しかし …

続きを読む