【12月号】ジャージー牛の乳で作るヨーグルト-新潟市西蒲区

【12月号】ジャージー牛の乳で作るヨーグルト-新潟市西蒲区

食材   搾りたてのジャージ牛のホモナイズ加工していない牛乳で作るヨーグルト 新潟市市内から車で30分のところにある、角田山のふもとに広がる広大なぶどう畑に囲まれた「カーブドッチ」。ワインシ …

続きを読む

【9月号】岩手県一戸町・三谷剛史さん、雅子さんがつくった「チーズ・ヨーグルト」

食材 東北食べる通信9月号では、岩手県一戸町の三谷剛史さん・雅子さんがつくったモッツァレラチーズ&ヨーグルトを特集します。 生産者 岩手県一戸町の三谷剛史さん・雅子さん 岩手県内陸北部、北上山 …

続きを読む

【9月号】高知県四万十町 四国デュロック ファームのノンフローズン「四万十ポーク」

  甘い脂とやわらかな肉質を生むこだわりのストーリーとともにお届けします。   今回お届けするのは、高知県四万十川の上中流域に位置する四万十町にて、養豚から加工まで一貫して行ってい …

続きを読む

【8月号】青森県十和田市・佐々木基さんが育てた「短角牛」

食材 東北食べる通信8月号では、青森県十和田市の佐々木基さんが育てた短角牛を特集します。 生産者 青森県十和田市の佐々木基さん 次号は「日本のカウボーイ」を目指す佐々木基さん(28)を特集します。 研 …

続きを読む
自然栽培トマト

【夏・7月号】映画のモデルになった「やまの会」の『トマト&チーズ&〇〇』

生産者 北海道本土の最西に位置するせたな町とその隣町今金町。ここには、生産する食材こそ異なりますが、志をひとつに、支えあう仲間「やまの会」があります。 会の代表である富樫一仁さんは、自身がアトピー性皮 …

続きを読む

【7月号】夫婦でつむぐ牧場物語ー佐世保市さとむら牧場里村夫妻

生産者     佐世保市山間部、自然豊かな土地で美味しい・優しい・楽しいをモットーに乳牛を育てる「さとむら牧場」。3代目の里村貴司(たかし)さんと京都府出身の睦弓(むつゆみ)さんは …

続きを読む

【5月号】愛媛の生乳でつくる自然発酵のナチュラルチーズ

西予市野村町 ほわいとファーム 千年の森工房 喜多郡内子町 チーズ工房 醍醐 「愛媛の生乳でつくる 自然発酵のナチュラルチーズ」       酪農の里、西予市野村町の「ほ …

続きを読む
イズシカ

【4月号】伊豆市 ヘルシーなジビエ「イズシカ」

イズシカのお肉 次号の舞台は伊豆市。低温熟成されたうまみ成分たっぷりなジビエ、「イズシカ」を特集します。 伊豆半島全域では、伊豆市の人口約3万人より、生息頭数が多いとされ る鹿。鹿の増えすぎによる食害 …

続きを読む

【2021年2月号】世の中には2種類の豚がある。豚とみやじ豚だ!-神奈川県藤沢市-

食材 「腹飼い」を実践、のびのび育て愛情を注ぐ! 鳥類や哺乳類のほとんどに、集団の中での順位付けがあると言われています。豚も例外ではありません。一般的には、成長に合わせて同じ体格の豚を同じ部屋に入れ変 …

続きを読む

岩手県大槌町・兼澤幸男さんが獲った「鹿肉」

食材 東北食べる通信9月号では、岩手県大槌町の兼澤幸男さんが獲った鹿肉をお届けします。広葉樹の森が広がる大槌町。鹿の餌となる木の実が豊富で、ここで育ったニホンジカは大型で、味わい深い肉質になります。 …

続きを読む

【9月号】宮崎県高千穂町の佐藤孝輔さんが育てる「高千穂牛」

はじめに 高千穂郷食べる通信のページをご覧いただきありがとうございます。 2016年に創刊した高千穂郷食べる通信ですが、4周年を迎え、多くの人に私達の地域の事、生産者の事を知って、食べて、遊びにきても …

続きを読む

【9月号】山地酪農のチーズ

ひろしま食べる通信Vol.26(9月号)の特集は、広島県三次市三良坂町 三良坂フロマージュの山地酪農のチーズ。山地(やまち)酪農とは、傾斜が強く木の生い茂った山林を牛の助力によって切り開くという考えに …

続きを読む