【秋号:11月お届け】三年に一度出会える「純天然ホタテ」ー北海道厚真町

【秋号:11月お届け】三年に一度出会える「純天然ホタテ」ー北海道厚真町

  北海道胆振地方の東部に位置する、厚真町。 そこで、地域の活性化に情熱を燃やす、若き漁師と出会いました。 澤口研太郎(さわぐち けんたろう)さんです。 かつて、厚真のホタテは地撒きによる栽 …

続きを読む

【10月秋号】米水津 間越/なずなグループがつくる「なずなの塩」

今回のお届け    さいきあまべ食べる通信10月号では、佐伯市米水津・間越(はざこ)、なずなグループの那波君仁夫(なわくにお)さん、永井由正(ながいよしまさ)さんが作る、自然海塩「なずなの塩 …

続きを読む
伊豆食べる通信 サザエ

【7月号】仲良しの海女さんが獲る川奈の「サザエ」

次号の舞台は、伊東市川奈。川奈の海を知り尽くした海女さんが獲る「サザエ」を特集します。 およそ1万5000年前の噴火によって小室山から流れ出た溶岩から形成されたとされる川奈の海。砂地と岩場の境界線がは …

続きを読む

【7月号】青島◯まるっと!お届け!!

食材         海の宝もの。玄海灘に面する外海と伊万里湾に面する内海の両方を持つ青島は、ブランドの「松浦のアジ」や養殖のハーブ鯖、天然のタコや海藻類など、まさに海の宝庫。青島 …

続きを読む

宮城県石巻市・渥美貴幸さんが育てた「ホヤ」

食材 東北食べる通信5月号では、宮城県石巻市の渥美貴幸さん(37)が育てたホヤをお届けします。 宮城県牡鹿半島。細かく入り組んだ海岸線でかたどられたこの地は、震災前は国産ホヤの80%の生産量を誇ってい …

続きを読む

【春号:5月お届け】春を告げるサクラマス&地元で愛される白貝

「秋サケよりも、トキシラズよりも、サクラマスが一番のごちそう!」 そう話してくれたのは、地元で漁業を営む奥田宗一郎さん。北海道の先端のえりも岬を有する日高沖。日高山脈のミネラルをふんだんに含んだ川で生 …

続きを読む

【5月号】天然一本釣り 宇和海の奥地あじ

昔ながらの一本釣り 瀬付きのアジ 愛媛県西予市三瓶町・奥地湾の漁礁で生まれ育った瀬付きのあじは、黄金に輝く身の締まり、脂のノリが絶妙で、その中でも特に格別質や形のよいあじが「奥地あじ」として名づけられ …

続きを読む

【6月号】大阪府淡輪漁港の四至本さんが獲った「魚庭(なにわ)の海の真鯛」

大阪食べる通信の6月号は、「泉南郡岬町の漁師 四至本さんご家族」のストーリーと 「魚庭(なにわ)の海で獲れた真鯛」をお届けします。 昔から大阪湾は魚庭(なにわ)の海と呼ばれ、栄養分が豊富で、ガザミやシ …

続きを読む
熱海鱒

【4月号】伊豆の山と海が育てる「熱海鱒」

伊豆食べる通信4月号は、伊豆の山と海の豊かな水、徹底した品質管理で育てられた「熱海鱒(あたみます・サクラマス)」を特集します。 伊豆半島にある標高1,400メートルの天城山。そこに黒潮の暖かい風がぶつ …

続きを読む

青森県風間浦村・木下清さんが獲った「アンコウ」

食材 東北食べる通信4月号では、青森県風間浦村の木下清さん(39)が獲ったアンコウをお届けします。 下北半島の先端、大間のお隣の風間浦村では、今から100年以上前からアンコウ漁が行われてきました。風間 …

続きを読む

【4月号】守り続けたい「伝統」。川畑夫妻のキビナゴ。

食材    秘伝の醤油ダレで味付けした一夜干しと、しっかり乾燥したキビナゴをお送りします。軽く炙っただけで美味しく食べられます。  キビナゴは、鹿児島県以外ではあまりお目にかかれない魚でした …

続きを読む

【1月冬号】蒲江西野浦の河内伸浩さんが育てる「かわはぎ」

今回のお届け  さいき•あまべ通信2020年冬号(2020年1月発行予定)では、佐伯市蒲江西野浦の河内伸浩さんが育てた「かわはぎ」をお届けします。 今は白身魚の中でも高級魚として珍重され、特に冬場は肝 …

続きを読む