【10月秋号】米水津 間越/なずなグループがつくる「なずなの塩」

【10月秋号】米水津 間越/なずなグループがつくる「なずなの塩」

今回のお届け    さいきあまべ食べる通信10月号では、佐伯市米水津・間越(はざこ)、なずなグループの那波君仁夫(なわくにお)さん、永井由正(ながいよしまさ)さんが作る、自然海塩「なずなの塩 …

続きを読む

【8月号】循環するキノコ作り。松﨑さんのエノキ&原木シイタケ

食材  鹿児島県産の杉のおが屑と米糠を80%以上使った菌床で育てたエノキです。一般的に販売されている白いエノキだけでなく、松﨑勝利さんだけが育てている野生品種に近い茶色のエノキや、自社で乾燥させたエノ …

続きを読む

【7月号】青島◯まるっと!お届け!!

食材         海の宝もの。玄海灘に面する外海と伊万里湾に面する内海の両方を持つ青島は、ブランドの「松浦のアジ」や養殖のハーブ鯖、天然のタコや海藻類など、まさに海の宝庫。青島 …

続きを読む

【8~9月】門川町・熊野農園が育てる香酸柑橘「へべす」

食材 「宮崎ひなた食べる通信」8月号では、宮崎県門川町尾末の「熊野農園」が育てた香酸柑橘「へべす」をお届けします。 へべすは柚子・スダチ(徳島県)、カボス(大分県)、じゃばら(和歌山県)、シークヮーサ …

続きを読む

【5月号】伝統を守り人をつなぐお茶農家 東坂さんのそのぎ茶

食材      水色が明るく、渋みが少なく、まろやかな旨みの「そのぎ茶」は、一番茶の摘採前に直射日光を遮る寒冷紗を被せる栽培方法と、国内では全体で4%程度しかない蒸し製玉緑茶の製法で作られて …

続きを読む

平飼いの卵 ”つまんでご卵”

食材 ふくおか食べる通信Vol.16(5月下旬お届け予定)では、 糸島市で平飼い養鶏にて生産され、地元では”つまんでご卵”として愛されている自然卵をお届けします。 つまんでご卵は餌に色々な栄養素などを …

続きを読む

【7月夏号】佐伯市木立・波戸崎孝さんが育てる「アスパラガス」

今回のお届け    さいき•あまべ通信2020年夏号(2020年7月発行予定)では、佐伯市木立で、就農4年目の波戸崎孝さんが育てる「夏芽のアスパラガス」をお届けします。   今回の生産者  …

続きを読む

【6月号】無限の可能性を求めて。瀬川夫妻のトウモロコシ。

食材      瀬川夫妻が大切に育てたヤングコーン、スイートコーン、そして彼ら手作りの「かつおポップコーン」をお届けします。 試行錯誤の末、今季からはヤングコーンは全ての畑で農薬・化学肥料不 …

続きを読む

【5月号】自給自足を営む「山の子農園」の農薬不使用野菜セット

食材 「宮崎ひなた食べる通信」5月号では、宮崎県日向市美々津の「山の子農園」が育てた農薬不使用野菜セットをお届けします。 暖冬の影響で、宮崎県は野菜の生育が特に早く、規格外の大きさに育ち、出荷しても利 …

続きを読む

【4月号】守り続けたい「伝統」。川畑夫妻のキビナゴ。

食材    秘伝の醤油ダレで味付けした一夜干しと、しっかり乾燥したキビナゴをお送りします。軽く炙っただけで美味しく食べられます。  キビナゴは、鹿児島県以外ではあまりお目にかかれない魚でした …

続きを読む

太陽の恵み溢れる糸島の大地で育った有機無農薬のオリーブ

食材 ふくおか食べる通信Vol.15(3月下旬お届け予定)では、糸島市の海の見える大地で有機無農薬でオリーブを栽培する若松農園の若松潤哉さんです。              大変希少な無農薬のオリーブ …

続きを読む

味噌のふとんで1年眠った希少な「ねむらせ豆腐」と椎葉のお母さんたちの物語。

2020春号は椎葉村のねむらせ豆腐 高千穂郷食べる通信2020春号では、椎葉村の椎葉の語り部の皆さんが作った「ねむらせ豆腐」をお届けします。 ねむらせ豆腐とは ねむらせ豆腐とは、椎葉村で作られる手作り …

続きを読む