【2月号】宮崎・日向で佐藤未樹崇さんが育てる「こいとまと」

【2月号】宮崎・日向で佐藤未樹崇さんが育てる「こいとまと」

食材 「宮崎ひなた食べる通信」2月号では、宮崎県日向市塩見の瓦田地区で、佐藤未樹崇さんが育てる自社ブランド「こいとまと」をお届けします。 父の代からはじめた佐藤洋蘭園の花卉の仕事を手伝うかたわら、数年 …

続きを読む

【2021年1月冬号】「佐伯寿司」に関わる魚のプロたち

今回のお届け  ▲佐伯寿司(※食べる通信では、にぎりは送りません) 取材協力:第三金波  さいきあまべ食べる通信2021年冬号では、“佐伯寿司”に関わる人々にフォーカスします。2020年冬に起こったコ …

続きを読む

【12月号】ギネス認定・世界最小みかん!村山ファミリーの「桜島小みかん」

食材 世界一小さなみかんとしてギネスブックに登録されている桜島小みかん。実も皮も香りが良く、独特の甘みが特徴です。昔から鹿児島ではお正月に鏡餅の上に飾りとして載せています。化学合成農薬・化学合成肥料を …

続きを読む
ゆきのヶ丘オリーブ園 榮木さん

【11月号】創業者の意志を継ぎ、オリーブの未来を切開く「ゆきのヶ丘オリーブ園」榮木さん

生産者    ゆきのヶ丘オリーブ園 榮木博文さん 青年よ!大志を抱け!! 長崎県西彼杵郡長与町の大村湾を望む温暖な土地に、2010年に開園された「ゆきのヶ丘オリーブ園」は、5年前に創業者の意 …

続きを読む

【9月号】数種類のりんごを食べ比べ! 九州りんご村「三翠園」赤地正志さんのりんご

食材   ふくおか食べる通信Vol.18(9月下旬お届け予定)では、 嘉麻市の九州りんご村にて、九州初と言われている「高密植わい化栽培」にて育てられたりんごをお届けします。 10種類以上のり …

続きを読む

【9月号】おがわ牛ー兄弟で創り上げる黒毛和牛

生産者    お客様を笑顔にしたい! 雲仙の麓で、兄は、黒毛和牛を丹精込めて極上に育て、弟は、余すところなく丁寧に、諫早のお店で牛肉を提供する。それぞれが選んだ道は異なっても、牛とお客様を大 …

続きを読む

【10月号】母の思いを大切に受け継ぎたい!六田さんの「南さつま長命草」

食材 栄養価が高く、食べると長生きできると言われていることから「長命草」とも呼ばれているボタンボウフウ。近年、健康サプリとしても人気ですが、原種は、沖縄や鹿児島などの暖かい地域の海岸に自生していた植物 …

続きを読む

【9月号】宮崎県高千穂町の佐藤孝輔さんが育てる「高千穂牛」

はじめに 高千穂郷食べる通信のページをご覧いただきありがとうございます。 2016年に創刊した高千穂郷食べる通信ですが、4周年を迎え、多くの人に私達の地域の事、生産者の事を知って、食べて、遊びにきても …

続きを読む

【10月秋号】米水津 間越/なずなグループがつくる「なずなの塩」

今回のお届け    さいきあまべ食べる通信10月号では、佐伯市米水津・間越(はざこ)、なずなグループの那波君仁夫(なわくにお)さん、永井由正(ながいよしまさ)さんが作る、自然海塩「なずなの塩 …

続きを読む

【8月号】循環するキノコ作り。松﨑さんのエノキタケ&原木シイタケ

食材  鹿児島県産の杉のおが屑と米糠を80%以上使った菌床で育てたエノキタケです。一般的に販売されている白いエノキタケだけでなく、松﨑勝利さんだけが育てている野生品種に近い茶色のエノキタケや、自社で乾 …

続きを読む

【7月号】青島◯まるっと!お届け!!

食材         海の宝もの。玄海灘に面する外海と伊万里湾に面する内海の両方を持つ青島は、ブランドの「松浦のアジ」や養殖のハーブ鯖、天然のタコや海藻類など、まさに海の宝庫。青島 …

続きを読む

【8~9月】門川町・熊野農園が育てる香酸柑橘「へべす」

食材 「宮崎ひなた食べる通信」8月号では、宮崎県門川町尾末の「熊野農園」が育てた香酸柑橘「へべす」をお届けします。 へべすは柚子・スダチ(徳島県)、カボス(大分県)、じゃばら(和歌山県)、シークヮーサ …

続きを読む