【2月号】銚子市の坂尾さんが育てる「アフロキャベツ 」

【2月号】銚子市の坂尾さんが育てる「アフロキャベツ 」

食材     ちば食べる通信2月号では、 千葉県銚子市の坂尾英彦さんが育てる「キャベツ」を特集します。 銚子はキャベツの一大産地。街中のいたる所でキャベツ畑を見ることができます。 海に囲まれ …

続きを読む

【1月号】八女市 八女フルーツの『アップルキウイ』

食材 ふくおか食べる通信Vol.20(1月下旬お届け予定)では、 八女市の山奥、キウイ山にて育っているアップルキウイです。 見た目がりんご、味も微かに青りんごの香りがします。 一般的に販売されている品 …

続きを読む
潮江菜

【2月号】日本の植物学の父・牧野博士の 残した伝統野菜「牧野野菜」

高知県出身で、世界的な植物学者に牧野富太郎(1862-1957)という人物がいる。命名した植物は1500種類以上、収集した標本は約40万枚に及び(高知県立牧野植物園サイトプロフィルより)、「日本の植物 …

続きを読む

【1月号】山武市成東の梶さんが育てる いちご

食材 ちば食べる通信1月号は、山武市成東の梶茂樹さんが育てる「いちご」をお届けします。 山武市成東にはストロベリーロードと言われる、いちご農家さんが集まった地域です。 梶さんは、義理のお父さんの跡を継 …

続きを読む

【3月号】渥美半島田原市から小川さんの出汁で育てるミニトマト

渥美半島の田原市から ミニトマト「あつみちゃんトマト」 【 小川農園 小川 浩康さん 】 え、畑に昆布や鰹の「出汁」を撒くの⁈ 次号で取り上げるのは渥美半島の田原市で、そんなユニークな栽培に取り組むミ …

続きを読む

【1月号】岩手県二戸市・馬場淳さんたちが育てた「ホワイトアスパラガス」

食材 東北食べる通信1月号では、岩手県二戸市の馬場淳さんたちが育てたホワイトアスパラガスを特集します。   生産者 岩手県二戸市の馬場淳さん 岩手県と青森県の県境に位置する岩手県二戸市浄法寺 …

続きを読む

【2月号】親子三代で働く喜び! 黒川裕司さんの「せとか 」

食材 清見など複数の柑橘類を掛け合わせて生まれた「せとか 」。とてもジューシーで濃厚な甘味、上品な香り、ギュッと実が詰まった口当たりの良さが特徴です。一般的に「みかん」として販売されているものよりも大 …

続きを読む

【2月号】宮崎・日向で佐藤未樹崇さんが育てる「こいとまと」

食材 「宮崎ひなた食べる通信」2月号では、宮崎県日向市塩見の瓦田地区で、佐藤未樹崇さんが育てる自社ブランド「こいとまと」をお届けします。 父の代からはじめた佐藤洋蘭園の花卉の仕事を手伝うかたわら、数年 …

続きを読む

【12月号】ギネス認定・世界最小みかん!村山ファミリーの「桜島小みかん」

食材 世界一小さなみかんとしてギネスブックに登録されている桜島小みかん。実も皮も香りが良く、独特の甘みが特徴です。昔から鹿児島ではお正月に鏡餅の上に飾りとして載せています。化学合成農薬・化学合成肥料を …

続きを読む
栄久ぽんかん

【1月号】伊豆・松崎町 土屋人さんが育てる幻の柑橘「栄久ぽんかん」

次号の舞台は松崎町。松崎町が誇る幻のぽんかん「栄久ぽんかん」と三余農園五代目 土屋人さんを特集いたします。 栄久ぽんかんは三余農園二代目の土屋栄久さんが広めた品種と言われています。正式に品種登録がされ …

続きを読む

【11月号】宮城県仙台市・佐藤将大さんが育てた「人参」

食材 東北食べる通信11月号では、宮城県仙台市の佐藤将大さんが無農薬・無化学肥料で育てた人参と季節の野菜を1種類お届けします。人参は、昭和初期に長崎県で育成された「黒田五寸」という昔ながらの品種。柔ら …

続きを読む
ゆきのヶ丘オリーブ園 榮木さん

【11月号】創業者の意志を継ぎ、オリーブの未来を切開く「ゆきのヶ丘オリーブ園」榮木さん

生産者    ゆきのヶ丘オリーブ園 榮木博文さん 青年よ!大志を抱け!! 長崎県西彼杵郡長与町の大村湾を望む温暖な土地に、2010年に開園された「ゆきのヶ丘オリーブ園」は、5年前に創業者の意 …

続きを読む