【11月号】選ばれた林檎を味わう

【11月号】選ばれた林檎を味わう

「てきか」という言葉を知っているだろうか。柑橘を育てるうえで欠かせない作業工程の一つだが、「てきか」には「摘花」「摘果」という漢字違いの二つの言葉がある。「摘花」は花の段階で不要な花を除くこと、「摘果 …

続きを読む

山形県鶴岡市・五十嵐大輔さんが育てた「庄内柿」

食材 東北食べる通信10月号では、山形県鶴岡市の五十嵐大輔さん(41)が育てた庄内柿をお届けします。 平べったい角形でタネがない、鶴岡の秋の味覚代表の通称「庄内柿」(正式名称は平核無柿)。明治時代に庄 …

続きを読む

【12月号】小国・旬菜工房のもち米と千葉陽平さんの蕎麦

  今回の食材は山形食材でお届け! お米は西置賜郡小国町・旬菜工房(山口さん)の特別栽培もち米 南に飯豊、北に朝日。雄大な山々に抱かれ、東京23区がすっぽり収まる広大な町土のおよそ9割が「白 …

続きを読む

【京都食べる通信】明治から続く粘り強い、久保添農園の山の芋/宮津市

2019年11月号は宮津市で山の芋を栽培されている久保添農園の久保添公哉さんを特集します。 日本三景の天橋立があるまちとしても有名な宮津市は、京のブランド産品である山の芋の産地でもあります。久保添さん …

続きを読む

【奈良県吉野郡】『嘉兵衛本舗』を継ぐ 六代目と三人娘の物語

  大淀町の小さな村の中で「かへえさん」と親しまれた 森本嘉兵衛さんがお茶づくりを始めたのは、今からおよそ170年前のこと。   次号の主役は、六代目であるお父さまからお茶の仕事を受け継ぐ為 …

続きを読む

【秋号】世界初!涙が出ない玉ねぎの開発秘話~おまけは豪華すぎるメロン~

北海道食べる通信の秋号のお届けは栗山町から! ・スマイルボール(玉ねぎ) ・さらさらレッド(赤玉ねぎ) ・日原メロン(赤肉メロン) をセットになってお届けします。 エジプトの壁画にも描かれている玉ねぎ …

続きを読む

【秋号】岩手県陸前高田市の岡本啓子が届ける幻の米崎りんご

秋号のお届けは「米崎りんご」   岩手県陸前高田市米崎地区ではりんごが120年前から栽培されていました。 全国的にも珍しい海のそばのりんごの産地です。 高台の傾斜地で太陽の光をたっぷり浴び、 …

続きを読む

【埼玉食べる通信・2019秋】加須市・誠農社の育てた『漢方農法のイチジクと米』

食材   埼玉食べる通信秋号では、加須市の誠農社さんが、漢方農法で育てたお米と、イチジクのジャムをお届けします。   生産者 県北東部にある、加須市。この地で、イチジクとお米を生産しているの …

続きを読む

常滑市・山本勝さんが育てた、完熟「とこなめいちじく」

  9月号でお届けするのは、「とこなめいちじく」! 空の玄関口“中部国際空港セントレア”のある常滑市は、全国1位のいちじく出荷量を誇る愛知県の中でも上位に位置する産地です。いちじくは収穫後追 …

続きを読む

【10月発行】伊豆食べる通信 増島農園さんの白あわび茸

伊豆食べる通信2019年10月号は伊豆の国市の増島農園さんが作った「白あわび茸」を特集します。 白あわび茸(えりんぎ茸)を初めて市場に流通させた増島農園。「誇り高い百姓であれ」という先代の言葉を胸に「 …

続きを読む

福島県西会津町・高久一志さん、香織さんが育てた「椎茸」

東北食べる通信9月号では、福島県西会津町の高久一志さんが育てた菌床椎茸をお届けします。 高久さんの椎茸は驚くほどの肉厚さ、柔らかい軸、そしてえぐみがなく甘みが強いのが特徴です。日本中の椎茸農家を巡り、 …

続きを読む

全て自然受粉!岩手県のりんご農家「したみち農園」さん特集

付録は、りんご4~6個(品種は<ふじ><はるか>予定)と、低温長時間発酵の「岩泉乳業」プレーンヨーグルト(400ml) 「季候風土に恵まれ、味の良さは他に類をみない」という人もいる岩手県のりんご。1, …

続きを読む