【2022年春号】佐伯市本匠 稗田千公さんたちがつくる因尾釜炒茶

【2022年春号】佐伯市本匠 稗田千公さんたちがつくる因尾釜炒茶

<今回のお届け> 本匠・因尾地区 稗田さんが育てた因尾釜炒り茶  さいきあまべ食べる通信2022年春号では、本匠・因尾地区で因美茶と椎茸の生産者である稗田茶園の稗田千公さんを特集します。九州などの一部 …

続きを読む

【春・4月号】世界の料理人が夢中になるクレイジー農園の物語 ベビーリーフ&エディブルフラワー

ひろしま食べる通信Vol.33(春・4月号)の特集は、広島県三原市久井町でベビーリーフやエディブルフラワーを作っている梶谷譲さん(梶谷農園)。   「ひろしま食べる通信Vol.33(春・4月 …

続きを読む

【2月号】宮城県川崎町・朏昌汰さん・利奈さんが育てた「雪下にんじん」

食材 東北食べる通信2022年2月号は、宮城県川崎町でEkai(エカイ)という農場を営む朏(みかづき)昌汰さん・利奈さんを特集します。 生産者 宮城県川崎町の朏(みかづき)昌汰さん・利奈さん  朏さん …

続きを読む

【早春号】豪雨災害をのりこえた!笑顔の”せとか”-長崎市 野中果樹園 ハウス完熟せとか

生産者・食材 長崎市琴海地区 野中果樹園 野中隆史さん・麻美さん -ハウス完熟せとか- 鈴なりのミカン畑を「キャッキャッ」と二人の子ども達がかけまわり、笑顔あふれるにぎやかな野中果樹園。長崎県西彼杵半 …

続きを読む

【2022春号】宮崎県美郷町の無農薬・有機肥料栽培の完熟きんかん「竜玉金柑」

食材 「宮崎ひなた食べる通信」2022年春号(2月末発行予定)は、宮崎県美郷町西郷の完熟きんかん「竜玉金柑」をお届けします。 宮崎には、完熟きんかん「たまたま」という県のブランドがあります。数多くの果 …

続きを読む

【2月号】東京から移住し目指すものとは? 指宿市開聞川尻「浦野敦・良美夫妻のそら豆」

食材 有機栽培のそら豆をお届けします。生産者・浦野夫妻のこだわりで、オハグロ部分が真っ黒になる前に収穫します。そうすると生でも食べられるくらいのフレッシュ感があり、薄皮も柔らかいので、一緒に食べても美 …

続きを読む

【秋・1月号】極上の土に育まれた「白葱」

ひろしま食べる通信Vol.32(秋・1月号)の特集は、広島県東広島市八本松町で白葱を栽培している脇伸男さん(アグリ・アライアンス)。初めて脇さんにお会いしたのは2018年3月。当時から白ネギをはじめ茄 …

続きを読む
倉庫で保管中の3年生こんにゃく芋

【3月号】3年かけて育てても生食できないこんにゃく芋-群馬県昭和村

食材 こんにゃく芋生産量日本一の群馬県昭和村 全国で収穫される55,900tのうち、93.2%が群馬県で作られている「こんにゃく芋」(令和元年)。その中でも、昭和村は県内最大の産地です。新潟へ向かう、 …

続きを読む

【11月号】諫早土もの二大競演ー田原いもんこ(里芋)・唐比れんこん

ながさき食べる通信−2周年−スペシャル版 創刊から3年目を迎える11月号は−諫早土もの二大競演−として諫早市の希少な土もの野菜を作る2生産者さんを特集!長崎県内のみならず諫早市内でも入手困難な土もの野 …

続きを読む

【12月号】松戸市の唐澤圭輔さんが育てる「矢切ねぎ」

食材 ちば食べる通信12月号は、千葉県松戸市の矢切地区でブランドねぎの「矢切ねぎ」を育ていてる唐澤圭輔さんに登場いただきます。 太くて甘い矢切ねぎ。東京都の県境に面した矢切地区。 ねぎ畑が広がる風景は …

続きを読む
田中山たくあん

【1月号】くろばかな土が作り出す伝統の味「田中山たくあん」

    次号の舞台は伊豆の国市南東の山間部に位置する田中山。 スイカやトウモロコシなど年間通して、様々な種類の農産物が作られており、その美味しさ、品質の良さから田中山ブランドとして …

続きを読む

【10月号】青森県青森市・森山知也さんが育てた「秋の根菜」

食材 東北食べる通信10月号では、青森県青森市の森山知也さんが育てた秋の根菜(人参、かぶ、ミニ大根)を特集します。(写真は人参2種類) 生産者 青森県青森市の森山知也さん 青森市内からは八甲田山の前に …

続きを読む