【夏・7月号】映画のモデルになった「やまの会」の『トマト&チーズ&〇〇』

自然栽培トマト

【夏・7月号】映画のモデルになった「やまの会」の『トマト&チーズ&〇〇』

生産者 北海道本土の最西に位置するせたな町とその隣町今金町。ここには、生産する食材こそ異なりますが、志をひとつに、支えあう仲間「やまの会」があります。 会の代表である富樫一仁さんは、自身がアトピー性皮 …

続きを読む

【7月号】この道25年 予約が殺到する『完熟マンゴー』

食材   ふくおか食べる通信Vol.23(7月お届け予定)では、 地元では大人気!予約が殺到する『完熟マンゴー』をお届けします。 ふくおか食べる通信の読者さん向けに特別に準備していただきまし …

続きを読む

7月号は船橋市 フィッシャーソングライター松本新吾さんの「ホンビノス貝」

食材   船橋三番瀬のホンビノス貝は、千葉ブランド水産物に認定されています。 北米産のホンビノス貝が東京湾で発見されたのは、20年ほど前と言われています。 貝は、ふっくらと肉厚、そしてクリーミー。おい …

続きを読む

【7月号】山形県尾花沢市・阿部真一さんたちが育てた「小玉スイカ」

食材 東北食べる通信7月号では、山形県尾花沢市の阿部真一さんたちが育てた小玉スイカを特集します。 生産者 山形県尾花沢市の阿部真一さん 山形県最北東に位置する尾花沢市は、夏スイカの生産量日本一を誇りま …

続きを読む

【7月号】夫婦でつむぐ牧場物語ー佐世保市さとむら牧場里村夫妻

生産者     佐世保市山間部、自然豊かな土地で美味しい・優しい・楽しいをモットーに乳牛を育てる「さとむら牧場」。3代目の里村貴司(たかし)さんと京都府出身の睦弓(むつゆみ)さんは …

続きを読む

【7月号】伊予市双海町 下灘の鱧(はも)

伊予市双海町  下灘の鱧(はも)   「鱧」と聞いて、思いつくのは京都の祇園祭や大阪の天神祭でしょうか。初夏と晩秋に旬を迎える鱧は、夏の風物詩として関西圏で長く親しまれてきました。実は、愛媛 …

続きを読む

【6月号】秋田県美郷町・高橋洋生さんが育てた「きゅうり」

食材 東北食べる通信6月号では、秋田県美郷町の高橋洋生さんが育てたきゅうりを特集します。 生産者 秋田県美郷町の高橋洋生さん 東側に奥羽山脈の山々が連なる秋田県美郷町。この地で農家を営む「たかはし農舎 …

続きを読む

【5月号】しあわせたまごー 西海市 松本英樹さん

生産者     ニワトリさんの「しあわせ」が、タマゴを食べる皆さんや自分の「しあわせ」になる。 コンピューターが好きで、小売のシステム部門で昼夜問わず働いていた松本さんが、「四十に …

続きを読む

ちば食べる通信5月号は旭市の奈良哲也さんが育てる作り手の少ない品種の「きゅうり」食べ比べセット

食材   ちば食べる通信5月号では、旭市できゅうりを育てる奈良哲也さんを特集します。 4月号のトマトベリー 斉藤さんとは同級生という偶然、旭市を連続しての特集となります。 きゅうりの木自身が …

続きを読む

【6月号】生産量日本一の鹿児島の養殖カンパチ。その未来を担う篠原重人さんのカンパチ。

食材 今回お届けするのは、ミネラル分などの栄養素が豊富なことで知られている錦江湾で、篠原さんが大切に育てたカンパチの切り身(約250g)です。鹿児島産のお茶の粉末や焼酎の搾りかすが入った餌を与えている …

続きを読む

【5月号】宮城県石巻市・阿部勝太さんたちが育てた「昆布」

食材 東北食べる通信5月号では、宮城県石巻市の阿部勝太さんたちが育てた昆布を特集します。 生産者 宮城県石巻市の阿部勝太さん(写真提供:平井慶祐さん) 「浜」と名のつく十三の集落群に地名が由来する、宮 …

続きを読む

【2021年夏号】大分県佐伯市 神崎雅且さんたちが育てたカボス

今回のお届け           さいきあまべ食べる通信2021年夏号では、木立(きたち)地区と弥生地区で、かぼすを栽培している、いちはらファームの神崎雅且(まさかつ)さんを特集し …

続きを読む