【2021年春号】5月お届け!北海道・オホーツク 春を告げる活〆ニシンなどお刺身セット

【2021年春号】5月お届け!北海道・オホーツク 春を告げる活〆ニシンなどお刺身セット

●お届けする食材 「北海道食べる通信」の2021年春号は、オホーツクの海の幸をお届けします。 流氷が離れていくと春の到来を感じる、オホーツク沿岸は北見市常呂(ところ)町。サロマ湖に面し、ホタテ漁が盛ん …

続きを読む

4月号は旭市の斉藤雅通さんが育てる、人生を変えた「トマトベリー」

食材   ちば食べる通信4月号では、千葉県旭市の斉藤雅通さんが育てる「トマトベリー」をお届けします。   トマトベリーは、イチゴのようなかわいいハート型をしたミニトマトです。 甘く …

続きを読む

【4月号】山形県東根市・大富農産の皆さんが育てた「ワサビ」

食材 東北食べる通信4月号では、山形県東根(ひがしね)市の「大富(おおとみ)農産」の皆さんが育てたワサビを特集します。 生産者 山形県東根市「大富農産」の平野博幸さん・佐藤佳菜子さん 山形県の中央東部 …

続きを読む
イズシカ

【4月号】伊豆市 ヘルシーなジビエ「イズシカ」

イズシカのお肉 次号の舞台は伊豆市。低温熟成されたうまみ成分たっぷりなジビエ、「イズシカ」を特集します。 伊豆半島全域では、伊豆市の人口約3万人より、生息頭数が多いとされ る鹿。鹿の増えすぎによる食害 …

続きを読む

【3月号】真っ赤なヒロコとトマトー東京出身の夫とつくる農業の未来ー南島原市 近藤裕子さん

生産者     みらい有限会社 代表 近藤裕子さん。南島原市で東京都出身の夫、基(もとき)さんと作り上げるトマト達の様に、真っ赤な熱い思いをじっくりと濃厚に実現していき次世代に繋い …

続きを読む

【3月号】山形県鮭川村・最上まいたけの皆さんが育てた「山伏茸」

食材 東北食べる通信3月号では、山形県鮭川村の「最上まいたけ」の皆さんが育てた山伏茸(やまぶしたけ)を特集します。 生産者 山形県鮭川村の「最上まいたけ」の荒木賢人(よしひと)さん 山形県の北部、東北 …

続きを読む

【4月号】希少品種アサクサを残したい! 島中ファミリーの海苔

食材 今回お届けするのは、今では絶滅しつつある日本古来のアサクサなどの海苔。日本最南端の海苔の生産地である出水市で、酸処理をせずに育てられています。 酸処理とは、養殖している海苔へのアオサなどの付着や …

続きを読む

【2月号】銚子市の坂尾さんが育てる「アフロキャベツ 」

食材     ちば食べる通信2月号では、 千葉県銚子市の坂尾英彦さんが育てる「キャベツ」を特集します。 銚子はキャベツの一大産地。街中のいたる所でキャベツ畑を見ることができます。 海に囲まれ …

続きを読む

【2021年春号】大分県佐伯市・米水津 金田夫妻の一艘曳きシラス

今回のお届け           さいきあまべ食べる通信2021年春号では、米水津の浦代浦で、シラス漁師とシラス料理の店を経営する金田輝正さん・真智子さん夫婦を特集します。  実は …

続きを読む

【2月号】山形県鶴岡市・鈴木重作さんたちが獲った「マフグ」

食材 東北食べる通信2月号では、山形県鶴岡市の鈴木重作さんたちが獲ったマフグを特集します。 生産者 山形県鶴岡市の鈴木重作さん 山形県が擁する全長60kmの庄内浜。その南部に位置する小波渡(こばと)漁 …

続きを読む

【1月号】八女市 八女フルーツの『アップルキウイ』

食材 ふくおか食べる通信Vol.20(1月下旬お届け予定)では、 八女市の山奥、キウイ山にて育っているアップルキウイです。 見た目がりんご、味も微かに青りんごの香りがします。 一般的に販売されている品 …

続きを読む

【1月号】雲仙しおかぜ黒糖-有馬黒糖研究会 南島原市・雲仙市

生産者   雲仙岳のサトウキビ、甘く、美味しく、コクのある~、雲仙しおかぜ黒糖~♪有馬黒糖研究会は、この冬、5回目の黒糖作りを迎えた。雲仙山系を抱く島原半島は温暖な気候で、有機栽培で育てたサ …

続きを読む