山形県鶴岡市・五十嵐大輔さんが育てた「庄内柿」

山形県鶴岡市・五十嵐大輔さんが育てた「庄内柿」

食材 東北食べる通信10月号では、山形県鶴岡市の五十嵐大輔さん(41)が育てた庄内柿をお届けします。 平べったい角形でタネがない、鶴岡の秋の味覚代表の通称「庄内柿」(正式名称は平核無柿)。明治時代に庄 …

続きを読む

【12月号】小国・旬菜工房のもち米と千葉陽平さんの蕎麦

  今回の食材は山形食材でお届け! お米は西置賜郡小国町・旬菜工房(山口さん)の特別栽培もち米 南に飯豊、北に朝日。雄大な山々に抱かれ、東京23区がすっぽり収まる広大な町土のおよそ9割が「白 …

続きを読む

【唯一の高校生編集部】こうふく通信は今日もゆく!

「高校生が伝えるふくしま食べる通信」次号(2019年秋号)からの購読開始をご希望される方は、10月8日(月)正午までお申し込みを承ります! →https://secure.taberu.me/subs …

続きを読む

【秋号】岩手県陸前高田市の岡本啓子が届ける幻の米崎りんご

秋号のお届けは「米崎りんご」   岩手県陸前高田市米崎地区ではりんごが120年前から栽培されていました。 全国的にも珍しい海のそばのりんごの産地です。 高台の傾斜地で太陽の光をたっぷり浴び、 …

続きを読む

福島県西会津町・高久一志さん、香織さんが育てた「椎茸」

東北食べる通信9月号では、福島県西会津町の高久一志さんが育てた菌床椎茸をお届けします。 高久さんの椎茸は驚くほどの肉厚さ、柔らかい軸、そしてえぐみがなく甘みが強いのが特徴です。日本中の椎茸農家を巡り、 …

続きを読む

全て自然受粉!岩手県のりんご農家「したみち農園」さん特集

付録は、りんご4~6個(品種は<ふじ><はるか>予定)と、低温長時間発酵の「岩泉乳業」プレーンヨーグルト(400ml) 「季候風土に恵まれ、味の良さは他に類をみない」という人もいる岩手県のりんご。1, …

続きを読む

【澄んだ水だからこそ育つ】川内村・いわなの秘密

「高校生が伝えるふくしま食べる通信」最新号(2019年夏号)からの購読開始をご希望される方は、7月8日(月)正午までお申し込みを承ります! →https://secure.taberu.me/subs …

続きを読む

【9月号】カトウファームの天のつぶと川俣シャモ・ミニトマト

  吾妻山をぐるっと!おいしい「お米」と「めしとも」をお届け 「あづまっぺ。お米を食べる通信」です! 福島県と山形県の境界には吾妻連峰があり、「吾妻山(あづまやま)」という小さい富士山のような山があり …

続きを読む

山形県真室川町・高橋伸一さんが育てた「勘次郎胡瓜(かんじろうきゅうり)」

東北食べる通信7月号では、山形県真室川町に伝わる伝承野菜「勘次郎胡瓜(かんじろうきゅうり)」をお届けします。 120年前に伝わり、タネを受け継いだ勘次郎家の人々が「絶対にタネを絶やすな」という先祖の言 …

続きを読む

青森県中泊町・鈴木直也さんが獲った「メバル」

東北食べる通信6月号では、初夏の高級魚「ウスメバル」をお届けします。 今回特集する、青森県中泊町は実は日本で一、二を争うメバルの水揚げ高を誇ります。 見た目にも美しい赤に黒の縞模様。 上品な白身は臭み …

続きを読む

【一流料理人から愛されるブランド鶏】高校生編集部が「伊達鶏」を徹底取材!

「高校生が伝えるふくしま食べる通信」最新号(2019年春号)からの購読開始をご希望される方は、4月8日(月)正午までお申し込みを承ります! →https://secure.taberu.me/subs …

続きを読む

岩手県釜石市・佐々木洋裕さんが獲った「ドンコ」

東北食べる通信5月号では、東北ならでは!のお魚をお届けします。 その名は、「ドンコ」。 エゾイソアイナメともよばれ、岩手をはじめ東北沿岸でとれる魚です。 見た目はちょっとグロテスクですが、上品な白身の …

続きを読む