【4月号】守り続けたい「伝統」。川畑夫妻のキビナゴ。

食材

 

 秘伝の醤油ダレで味付けした一夜干しと、しっかり乾燥したキビナゴをお送りします。軽く炙っただけで美味しく食べられます。

 キビナゴは、鹿児島県以外ではあまりお目にかかれない魚でしたが、最近は冷凍技術や宅配サービスが進歩したので、他県でも販売される機会が増えました。 

生産者

 

 

 4人兄弟の末っ子の川畑浩さんは、阿久根市大川で祖父が始めた水産加工会社を継ぐつもりはまったくありませんでした。地元の高校卒業後、進学のため東京へ。その後は編集者として働いていましたが、28歳のとき地元に戻ってきました。

 浩さんは、なぜ家業を継ぐ決意をしたのでしょうか。妻と一緒に、これからも守っていきたいものは何か? そして変えていきたいことは? 

 2人のチャレンジと一緒に、彼らが心を込めて作ったキビナゴの干物をお送りします。

 楽しみにお待ちください。

 

お届け内容

  • お届け内容:川畑浩・千香子夫妻のチャレンジ(情報誌)、彼らが心を込めて作ったキビナゴの干物など、生産者からの手紙
  • お届け時期:4月20日〜4月25日頃を予定
  • 3,500円(送料・税込)

4月号のご購読の申込み締め切りは、4月8日正午です。

お申込みからお届けまで

ただいまお申し込みいただくと、4月号から定期購読が開始されます。

  • 配送方法:クロネコヤマト宅急便
  • 配送日時指定:配送日時の指定が可能です。
  • お支払い方法:クレジットカードまたはコンビニ後払い
  • 購読期間:定期購読はいつでも停止することができます。

購読する

かごんま食べる通信について

    かごんま食べる通信は、鹿児島県内で「チャンレジしている生産者(農水畜産物&加工品)」を特集した情報紙と、 彼らが育てたもの(付録、味見程度の量です)を一緒に隔月(偶数月)でお届けします。2018年4月に創刊し、11号発行しました(2020年2月8日現在)。食の現場を通して、「あなたの知らない鹿児島」を一緒に探求してみませんか?

 

  • 特集地域:鹿児島県全域
  • 発行頻度:隔月(偶数月)発行
  • 価格:3,500円(送料・税込)

情報誌

   生産者のチャレンジを通して、どうやって食べ物ができるだけでなく、その人の生き様もお伝えします。

生産者のライフストーリー

最近のお届け内容

交流イベント

    東京都内での食事会、現地ツアーなど、生産者さんと顔をあわせて、一緒に楽しむイベントを随時開催しています。

編集長から

    こんにちは、編集長の日髙かおるです。『かごんま食べる通信』が目指すのは、どんな人が食べ物を作っているのかを知って、味わっていただき、生産者に会いに行っていただく機会を作ることです。

 食べ物の味には作る人のキャラクターが出る、どんな人が作っているのかを知って食べるとますます美味しくなる、って信じて、毎号全力で取材しています。1人でも多くの人に、鹿児島の作る人のチャレンジを知ってもらいたいと思っています。

かごんま食べる通信

隔月刊
3,500円(送料・税込)
鹿児島県

あなたの知らない鹿児島をお届けします。 「かごんま」とは「鹿児島」の地元での呼び方。 特集する生産者さんのKey Wordは、Challenger! 年齢、性別等に関係なく、既存の生産・栽培方法、販売方法などにとらわれず、常にチャレンジしている人たちです。 ※13号の購読申し込みは、終了しました。14号(2020年6月25日発行)の購読申し込みは、2020年6月8日正午〆切です。

運営者情報

株式会社 食未来
代表者:日髙かおる
連絡先:kagonma@taberu.me

この食べる通信を購読する