【春号・4月】純厚岸産にこだわり続ける、厚岸カキキンの『カキえもん』と『大あさり』

北海道食べる通信春号

【春号・4月】純厚岸産にこだわり続ける、厚岸カキキンの『カキえもん』と『大あさり』

  北海道食べる通信Vol.28(春号・4月)の特集は、厚岸で「カキキン」を営む中嶋さん一家が育てた牡蠣と、春にうま味を増す大あさりです。   食材 厚岸町と聞くと真っ先に「牡蠣」 …

続きを読む
自然栽培トマト

【夏・7月号】映画のモデルになった「やまの会」の『トマト&チーズ&〇〇』

生産者 北海道本土の最西に位置するせたな町とその隣町今金町。ここには、生産する食材こそ異なりますが、志をひとつに、支えあう仲間「やまの会」があります。 会の代表である富樫一仁さんは、自身がアトピー性皮 …

続きを読む

【2021年春号】5月お届け!北海道・オホーツク 春を告げる活〆ニシンなどお刺身セット

●お届けする食材 「北海道食べる通信」の2021年春号は、オホーツクの海の幸をお届けします。 流氷が離れていくと春の到来を感じる、オホーツク沿岸は北見市常呂(ところ)町。サロマ湖に面し、ホタテ漁が盛ん …

続きを読む

【夏号(7月発行)】100年樹齢のさくらんぼ・きむら果樹園(木村武彦・賢志さん親子)

食材   北海道食べる通信夏号(7月発行予定)では、石狩市の最も北のエリア浜益地区で果樹園を営むきむら果樹園の「さくらんぼ」をお届けします。 さくらんぼと言えば、、、、、山形!残念ながら北海 …

続きを読む

【春号:5月お届け】春を告げるサクラマス&地元で愛される白貝

「秋サケよりも、トキシラズよりも、サクラマスが一番のごちそう!」 そう話してくれたのは、地元で漁業を営む奥田宗一郎さん。北海道の先端のえりも岬を有する日高沖。日高山脈のミネラルをふんだんに含んだ川で生 …

続きを読む

世界初!涙が出ない玉ねぎの開発秘話~おまけは豪華すぎるメロン~

北海道食べる通信の秋号のお届けは栗山町から! ・スマイルボール(玉ねぎ) ・さらさらレッド(赤玉ねぎ) ・日原メロン(赤肉メロン) をセットになってお届けします。 エジプトの壁画にも描かれている玉ねぎ …

続きを読む

【夏号】幻の十勝ラクレットと北海道の夏野菜といえば!?

北海道食べる通信の夏号 北海道食べる通信の夏号(19年7月:Vol.17 )は、十勝特集!十勝からこだわりが詰まった生産者のおいしいものをふんだんにお届けいたします。十勝と言えば、チーズにジャガイモ、 …

続きを読む

【2019年8月号】もち米生産量日本一、北海道名寄市の「名誉もち大使」及川さん

付録は、食べたい分だけ解凍して食べられる「ソフト大福&クリーム大福(冷凍)」オリジナルセット! 写真はソフト大福(塩豆/小豆はこしあん)90gです。 あなたが食べている「アレ」や「コレ」の原料にも使わ …

続きを読む