【8月号】青森県十和田市・佐々木基さんが育てた「短角牛」

食材

東北食べる通信8月号では、青森県十和田市の佐々木基さんが育てた短角牛を特集します。

生産者

青森県十和田市の佐々木基さん

次号は「日本のカウボーイ」を目指す佐々木基さん(28)を特集します。

研修で訪れたアメリカの牛と人、自然が共存するカウボーイライフの虜に。一方、地元・十和田市では山が荒れ、仕事がないと人が離れていく。豊かな山を取り戻し、山で牛を放牧して小さく循環する里山をつくりたい。その一歩目として地域の恵みを生かして短角牛を育てています。

短角牛とは日本の在来牛を親にした和牛。一般的に和牛は生後30ヶ月でお肉になりますが、彼は生後7〜8年の「経産牛」を引き取って飼養しています。野性味溢れるしっかりとした肉質と、強いうま味が特徴です。「最期はストレスなくゆっくり過ごしてほしい」と、夏は八甲田の麓で放牧し、冬は自家栽培した牧草などを与えています。

付録は短角牛のバラ肉または煮込み用肉。どちらが届くかぜひお楽しみに。

お届け内容

  • お届け内容:情報誌、短角牛、生産者からの手紙
  • お届け時期:8月下旬〜9月下旬
  • 1,700円+送料980円(全国一律)

8月号の申込締め切りは8月8日正午まで

お申込みからお届けまで

ただいまお申し込みいただくと、8月号から定期購読が開始されます。

  • 配送方法:クロネコヤマト宅急便
  • 配送日時指定:配送期間と時間指定が可能です
  • お支払い方法:クレジットカードまたはコンビニ後払い
  • 購読期間:定期購読はいつでも停止することができます

購読する

東北食べる通信について

独自の哲学でおいしい食べものを作り続ける東北各地のスペシャリストたち。毎月1回、彼らにクローズアップした特集記事とともに、彼らが収穫した食べものをセットでお届けします。

  • 特集地域:東北6県
  • 発行頻度:毎月発行
  • 価格:1,700円+送料980円

情報誌

編集部が生産者を徹底取材。生産者の生き様と生産現場のリアルを情報誌でお届けします。

生産者のライフストーリー

レシピ

食材

お届け例

2019年7月号高橋伸一さんが育てた「勘次郎胡瓜」

2019年6月号鈴木直也さんが獲った「メバル」

東北各地の貴重な食材を旬にあわせてお届けします。

最近のお届け内容

交流イベント

首都圏を中心に、生産者さんと顔をあわせ、いっしょに食事を楽しむイベントを毎月開催中です。

編集長から

こんにちは、編集長の成影沙紀です。東北食べる通信では、みなさんが知らない食べものの裏側にいる「人」をお伝えします。どんな人が、どんな想いで、どんな場所でその食べものをつくっているのか……食べものの見方が変わります。普段の食卓に驚きと気づきを、そして生産者を知って食べる楽しさをぜひ、ご体感ください。

 


東北食べる通信

月刊
2,680円(送料・税込)
東北

編集部が東北中を駆け回って惚れ込んだ、農家さん・漁師さんの物語をお届けします。茎付きのサトイモ、殻付きの牡蠣…一緒に届ける食べ物もなるべく自然に近い状態にしています。ぜひ家庭で畑や海の香りを楽しんでください。

運営者情報

株式会社ポケットマルシェ
〒025-0096 岩手県花巻市藤沢町446-2
TEL:0198-33-0971
代表者:高橋博之
運営責任者:岡本敏男

連絡先:info@taberu.me

この食べる通信を購読する

1,700円(税込)+送料

購読する