高野大根の切干大根【秋・11月号】

高野大根の切干大根【秋・11月号】

ひろしま食べる通信Vol.35(秋・11月号)の特集は、広島県庄原市高野町で40年以上、切干大根の加工などを手掛けている和南原加工グループの皆さん。平均年齢80歳以上の女性7人グループです。高野町とい …

続きを読む

【夏・7月号】市場には出回らない白桃

ひろしま食べる通信Vol.34(夏・7月号)の特集は、広島県三原市大和町の阿部正昭さん(阿部農園)。市場では出回らない逸品です。ご期待ください。   「ひろしま食べる通信Vol.34(夏・7 …

続きを読む

【春・4月号】世界の料理人が夢中になるクレイジー農園の物語 ベビーリーフ&エディブルフラワー

ひろしま食べる通信Vol.33(春・4月号)の特集は、広島県三原市久井町でベビーリーフやエディブルフラワーを作っている梶谷譲さん(梶谷農園)。   「ひろしま食べる通信Vol.33(春・4月 …

続きを読む

【秋・1月号】極上の土に育まれた「白葱」

ひろしま食べる通信Vol.32(秋・1月号)の特集は、広島県東広島市八本松町で白葱を栽培している脇伸男さん(アグリ・アライアンス)。初めて脇さんにお会いしたのは2018年3月。当時から白ネギをはじめ茄 …

続きを読む

【秋・11月号】新生姜

ひろしま食べる通信Vol.31(秋・11月号)の特集は、広島県尾道市向島町で生姜をつくっている「おのみち潮風生姜」の原田裕士さん、由佳里さんご夫妻。世の中の新生姜は5~8月にスーパーなどで見かけるのが …

続きを読む

【夏・7月号】グリーンレモン/ブルーベリー

ひろしま食べる通信Vol.30(夏・7月号)の特集は、広島県豊田郡大崎上島町でブルーベリーや柑橘を栽培している岩﨑太郎さん。船で渡らなければ行くことができない離島・大崎上島が元気だという声をよく聞く。 …

続きを読む

【9月号】山地酪農のチーズ

ひろしま食べる通信Vol.26(9月号)の特集は、広島県三次市三良坂町 三良坂フロマージュの山地酪農のチーズ。山地(やまち)酪農とは、傾斜が強く木の生い茂った山林を牛の助力によって切り開くという考えに …

続きを読む

【7月号】夏の恵み「小玉西瓜」

ひろしま食べる通信Vol.25(7月号)の特集は、広島県安芸高田市八千代町 株式会社ワグリカの神農一幸さんの小玉西瓜。 ミネラルによってあふれんばかりの生命力を注ぎ込まれた土。春、新たな命を育む準備を …

続きを読む

【5月号】北広島町初登場!親子丼セットをお届け!

ひろしま食べる通信Vol.24(5月号)の特集は、広島県山県郡北広島町で養鶏を営む「横山慎二」さん。広島県安芸郡府中町出身の横山さんが縁あって北広島町に移り住み養鶏をスタートさせたのが2013年。横山 …

続きを読む

【2020年3月号】在来種の蒟蒻芋から手作りする蒟蒻を味わう

蒟蒻芋の木を見たことがある人はいるだろうか。以前植え付けの取材に訪れて以来ひさびさの蒟蒻芋畑は、まるで小さなジャングルに様変わり。蒟蒻芋の木は以前特集した青パパイヤに姿形が少し似ているが、背丈は随分低 …

続きを読む

【11月号】選ばれた林檎を味わう

「てきか」という言葉を知っているだろうか。柑橘を育てるうえで欠かせない作業工程の一つだが、「てきか」には「摘花」「摘果」という漢字違いの二つの言葉がある。「摘花」は花の段階で不要な花を除くこと、「摘果 …

続きを読む

9月号 日置食品さんがつくる「湯葉」

極-KIWAMI-食べる通信from島根、次号の特集は「湯葉」です! 島根県内では、湯葉が売られているのをみることは少ないように思います。 「湯葉=京都」のイメージも強いようにも思います。 が、あるの …

続きを読む