編集長ストーリーズ

2018.11.16

いい意味で福島が意識されない世の中になればいい−−『高校生が伝えるふくしま食べる通信』事務局長・椎根里奈、初代編集長・菅野智香<後編>

地域プレイヤー
2018.11.09

いい意味で福島が意識されない世の中になればいい−−『高校生が伝えるふくしま食べる通信』事務局長・椎根里奈、初代編集長・菅野智香<前編>

ピックアップ
2018.08.27

加工の現場から「食」をつくるすべての人たちに光をあてたい−−『さいき・あまべ食べる通信』編集長・平川 摂

地域プレイヤー
2018.07.27

会社を説得して創刊。 継続していくことで、どんどん価値はふくらんでいく −−『ひろしま食べる通信』編集長・梶谷剛彦

ピックアップ
2018.07.13

脱サラ、Uターンした私が「食べる通信」を創刊した本当の理由−−『ふくおか食べる通信』編集長・梶原圭三

地域プレイヤー
2017.11.08

経済優先で失った「命」の軸を取り戻したい、水俣から挑む「食」の恩返し−−『水俣食べる通信』編集長・諸橋賢一 <後編>

地域プレイヤー
2017.11.08

経済優先で失った「命」の軸を取り戻したい、水俣から挑む「食」の恩返し−−『水俣食べる通信』編集長・諸橋賢一 <前編>

地域プレイヤー
2016.04.08

生産者さんたちに恩返ししたい、という思いでこの事業を始めた−−『加賀能登食べる通信』編集長・羽喰亜紀子

メディア
2016.03.14

「食」に可能性を感じた3つの理由と(株)四国食べる通信が手掛ける横展開とは?−−『四国食べる通信』編集長・ポン真鍋

地域プレイヤー
2016.03.10

収益化と共に、どう世の中や地域の役に立てるかを考えています−−『奈良食べる通信』編集長・福吉貴英

メディア
2016.03.03

判断基準は「地域のためになるかどうか」だけ −−『下北半島食べる通信』編集長・園山和徳

地域おこし協力隊
2016.03.03

表舞台に立たない漁師たちに光をあてるのは漁協の使命 −−『綾里漁協食べる通信』編集長・佐々木伸一

生産者