編集長ストーリーズ

2016.06.03

「地域づくり」の一貫として、都市からくる人にも関わってほしい−−『伊勢志摩食べる通信』編集長・竹内千尋

行政
2016.04.08

生産者さんたちに恩返ししたい、という思いでこの事業を始めた−−『加賀能登食べる通信』編集長・羽喰亜紀子

メディア
2016.03.14

「食」に可能性を感じた3つの理由と(株)四国食べる通信が手掛ける横展開とは?−−『四国食べる通信』編集長・ポン真鍋

地域プレイヤー
2016.03.10

収益化と共に、どう世の中や地域の役に立てるかを考えています−−『奈良食べる通信』編集長・福吉貴英

メディア
2016.03.03

判断基準は「地域のためになるかどうか」だけ −−『下北半島食べる通信』編集長・園山和徳

地域おこし協力隊
2016.03.03

表舞台に立たない漁師たちに光をあてるのは漁協の使命 −−『綾里漁協食べる通信』編集長・佐々木伸一

生産者
2016.03.03

テレビ局のコンテンツ制作力を活かし、食を通じた地域貢献を目指す −−『築地食べる通信』発行人・吉澤有

メディア
2016.03.03

協力隊の任期中にできることを考えた時、その活用を思いついた −−『魚沼食べる通信』編集長・井上円花

地域おこし協力隊
2016.03.03

30歳の副町長が語る「食べる通信」と地域づくりの鉄則 −−『長島大陸食べる通信』編集長・井上貴至

行政
2016.03.03

生産者が身近にいる「都市型」ならではの楽しみとは −−『神奈川食べる通信』編集長・赤木徳顕

飲食店
2016.03.03

簡単に利益は出ないが、純粋にやりたいことが目指せる事業 −−『兵庫食べる通信』編集長・光岡大介

飲食店
2016.03.03

二拠点生活から移住、少数読者と濃いつながりを実現 −−『稲花-ineca-食べる通信 from 新潟』編集長・手塚貴子

移住者
12