つくる人と食べる人をつなぎたい。
日本食べる通信リーグは、全国の「食べる通信」編集部の連盟組織です。

日本食べる通信リーグ 代表理事 高橋博之より

日本食べる通信リーグ 代表理事 高橋博之 写真消費とは、費やして消す、と書きます。
私たちの暮らしは、他人がつくったものを貨幣と交換して手に入れることで成り立っています。
効率もよく、楽ですが、そこには、自分たちの暮らしを、自らの知恵、創意工夫でつくりあげる喜び、
感動がありません。私たちの暮らしは、私たちの手の届かないところに遠のいてしまいました。
暮らしには、衣食住が欠かせません。
そして、一人の力で解決できない大きな課題はみんなで力を合わせて解決し、
暮らしやすい地域をつくっていかなければなりません。

続きを読む

 

熱い思いをもつ全国の編集長たち

北は北海道から南は鹿児島まで。全国各地から発刊される「食べる通信」。デザインや発行頻度、値段もバラバラですが、作るひとと食べるひとのココロをつなぐ今までにないサービスを生み出そうと、私たちは同じ想いで創刊をこころざしました。いまや全国26ヶ所をこえる地域から、「食べる通信」が創刊され全国へ発信されています。どの食べる通信も、地域や編集部のキャラクターを反映した個性あふれる内容です。

日本食べる通信リーグがとりくむ課題と社会へ発信する価値

私達日本食べる通信リーグは、「食べる通信」の発刊を通じ、一次産業や消費社会の課題を乗り越え、食をつうじて都市と地方をつなぐ新しいコミュニティを生み出します。

一次産業の新しい価値の開拓

巨大流通システムの中で、丹精込めて育てた作物を買いたたかれ離農や担い手不足など課題が深刻化している一次産業。私たちは、生産現場の裏側にあるドラマや地域コミュニティ、豊かな自然といった、貨幣に換算できない価値を、情報とコミュニケーションを通じて食卓に届け一次産業の新たな価値を開拓します。「食べる通信」を通じてであった消費者と生産者が、モノとお金の交換にとどまらない関係性を育み、ファンコミュニティをつくることで、規模の大小によらず、生産者が生産物の生産・販売を続けることができるプラットフォームを構築します。

顔と顔のみえる関係で味わう安心・感動

日本には世界でもトップクラスの食品流通が発達しているにも関わらず、日本人の6割は食の安全に対して不安をもっています。流通というブラックボックスの向こう側の生産現場と消費者をつなげ、顔と顔の見える関係で食べ物を食べる安心や感動を食べる通信は提供します。

都市と地方が価値を交換する交流モデル

窮屈な都市生活、分業化した社会の中で、生きがいを失い、多くの現代人が精神的、身体的なダメージを蓄積しています。食を通じて生産者と都市住民が結びつき、ふるさとのように通い農業体験や滞在ができるような生産現場が広がることで東京一極集中の社会的弊害を緩和し、地方にあらたな活気をもたらすことができます。日本食べる通信リーグでは、全国各地の編集長が切磋琢磨し、また協働しながら都市と地方の新しい交流モデルを生み出します。

市民参画の拡大、共感でつながる新しいコミュニティの形成

東日本大震災では多くの市民がボランティアとして東日本各地の農村漁村へおもむき、地方コミュニティと交流しながら支援活動を行ないました。こうした地域をこえた協働のネットワークを、災害時だけでなく平時でも育てるとき「食」がもたらす共感は大きな力を持っています。食を通じてひろがった顔と顔の見える関係性は、都市と地方双方の課題解決へつながります。

メディア・表彰・パートナーシップ

2013年に「東北食べる通信」が日本初の食べ物つき情報誌として世に出て以来、多くのメディア掲載や表彰をいただきました。また、日本食べる通信リーグの理念に賛同する企業・団体からのご支援と提携をいただき、社会全体へビジョンと価値を広げています。

日本財団は全国の食べる通信の立ちあげ・創刊・普及の協業パートナーです

 
logo_foundation

取材・講演などのお問い合わせ

日本食べる通信リーグや代表、高橋博之への取材・講演などのお問い合わせは下記のフォームよりお問い合わせください。なお、各地の食べる通信の編集長・事務局へのお問い合わせは、直接こちらの「加盟団体一覧」の連絡先へお願いします。

講演料に関しましては、団体規定にて以下を基準とさせていただいております。ご事情によっては個別にご相談も承りますので、お問い合わせにてご記載ください。

代表理事 髙橋博之 :20万円  部門責任者:5万円  ※交通費や宿泊費などが必要な場合は、実費を別途請求させていただいております。

 

団体概要:一般社団法人日本食べる通信リーグ

法人名
一般社団法人 日本食べる通信リーグ
設立年月日
2014年4月15日
事業内容
食べもの付き情報誌「食べる通信(TM)」の普及・多地域展開の促進
所在地
岩手県花巻市藤沢町446-2
代表理事
高橋博之
理事
大塚泰造 本間勇輝

加盟団体一覧

名称 特集地域 発刊団体 お問い合わせ先
東北食べる通信 東北6県 特定非営利活動法人東北開墾 info@taberu.me
四国食べる通信 四国4県 株式会社四国食べる通信 shikoku@taberu.me
東松島食べる通信 宮城県東松島市 有限会社グループフローラ higamatsu@taberu.me
稲花 – 食べる通信 from 新潟 – 新潟県新潟市 有限会社フルーヴ ineca@taberu.me
神奈川食べる通信 神奈川県 有限会社 まごころフードシステム kanagawa@taberu.me
山形食べる通信 山形県 株式会社まんまーる yamagata@taberu.me
下北半島食べる通信 青森県下北半島 一般社団法人 くるくる佐井村 shimokita@taberu.me
北海道食べる通信 北海道 株式会社グリーンストーリープラス hokkaido@taberu.me
加賀能登食べる通信 石川県 株式会社A3 kaganoto@taberu.me
兵庫食べる通信 兵庫県 株式会社兵庫食べる通信 hyogo@taberu.me
高校生が伝えるふくしま食べる通信 福島県 一般社団法人 福島復興ソーラー・アグリ体験交流の会 koufuku@taberu.me
築地食べる通信 築地市場 株式会社テレビ東京コミュニケーションズ tsukiji@taberu.me
伊豆食べる通信 伊豆半島 特定非営利活動法人NPOサプライズ izu@taberu.me
大槌食べる通信 岩手県大槌町 大槌食べる通信実行委員会 otsuchi@taberu.me
綾里漁協食べる通信 大船渡市三陸町綾里 綾里漁業協同組合 ryouri@taberu.me
そうま食べる通信 福島県相双地区 一般社団法人そうま食べる通信 soma@taberu.me
魚沼食べる通信 新潟県魚沼地域 一般財団法人魚沼市地域づくり振興公社 uonuma@taberu.me
奈良食べる通信 奈良県 株式会社エヌ・アイ・プランニング nara@taberu.me
水俣食べる通信 熊本県水俣市 諸橋賢一 minamata@taberu.me
長島大陸食べる通信 鹿児島県長島町 株式会社JFA nagashima@taberu.me
伊勢志摩食べる通信 伊勢志摩地方 ザ・エイチアンドエム株式会社 伊勢志摩食べる通信事業部 iseshima@taberu.me
やまぐち食べる通信 山口県 和田幸子 yamaguchi@taberu.me
備中食べる通信 岡山県備中地域 株式会社 浅原青果 bicchu@taberu.me
つくりびと-食べる通信 from おおさか- 大阪府 株式会社 Food Story tsukuribito@taberu.me
ひろしま食べる通信 広島県 株式会社中本本店 hiroshima@taberu.me
SAGA食べる通信 佐賀県 NPO法人 Succa Senca saga@taberu.me
高千穂郷食べる通信 宮崎県高千穂郷 高千穂アカデミー takachihogo@taberu.me
おきなわ食べる通信 沖縄県 株式会社マーケティングフォースジャパン okinawa@taberu.me
ポタジェ〜食べる通信from埼玉 埼玉県 一般社団法人 埼玉を食べる potager@taberu.me
たべあきない-食べる通信 from あきた- 秋田県 株式会社 交宣 tabeakinai@taberu.me
京都食べる通信 京都府 UDS株式会社 kyoto@taberu.me
淡路島食べる通信 淡路島 株式会社淡路島本舗 awajishima@taberu.me
さいき・あまべ食べる通信 大分県佐伯市 株式会社ベース saikiamabe@taberu.me
イサリビ – 未来も魚を食べるぞ通信 テーマ型 株式会社tasobi saikiamabe@taberu.me