味噌のふとんで1年眠った希少な「ねむらせ豆腐」と椎葉のお母さんたちの物語。

2020春号は椎葉村のねむらせ豆腐


高千穂郷食べる通信2020春号では、椎葉村の椎葉の語り部の皆さんが作った「ねむらせ豆腐」をお届けします。

ねむらせ豆腐とは

ねむらせ豆腐とは、椎葉村で作られる手作りの豆腐を水抜きし、昆布とさらしでやさしく包み、自社製造の麦味噌で半年間漬け込みます。そこかから一度取り上げて、また新しい麦味噌で半年間漬け込み、ゆっくり一年眠らせてやっとできあがる、椎葉村の伝統的な保存食です。

椎葉のお母さんたちが「おいしくて体にいいものを。」と知恵を凝らして作った、山村ならではのスローフード。そんな椎葉村で暮らすお母さんたちの物語をお届けします。

お届け内容

  • お届け内容:情報誌、眠らせ豆腐ぷち、豆腐のかんりと、生産者からの手紙
  • お届け時期:3月中旬

2020春号の申込締め切りは3月8日正午まで

ただいまお申し込みいただくと、2020春号から定期購読が開始されます。

  • 配送方法:クロネコヤマト宅急便
  • 配送日時指定:配送期間と時間指定が可能です
  • お支払い方法:クレジットカードまたはコンビニ後払い
  • 購読期間:定期購読はいつでも停止することができます

 

高千穂郷食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料
宮崎県高千穂郷

九州の山々に囲まれた高千穂郷。古来より人々が自然の恵みを巧みに利用し暮らしており、その暮らしが評価され、2015年に世界農業遺産に認定されました。高千穂郷の暮らしを、ぜひ体験してください。

運営者情報

NPO法人 高千穂アカデミー
〒宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井802-6 コワーキングスペース452
代表者:佐藤翔平
連絡先:takachihogo@taberu.me

この食べる通信を購読する