羽曳野市・葡萄園たちばなやさんで育った「デラウエア」

大阪食べる通信が6月にお届けするのは、夏らしい爽やかなフルーツ「デラウエア」です。
大阪の中でも比較的降水量が少なく、日当たりのいい斜面が多い南河内は、古くからぶどうの産地として有名。
その中でもデラウエアは、大阪が全国で出荷量が第3位であり、
関東圏にまで多く出荷されるなど、まさに「大阪産」を代表するフルーツ。

今回お届けするのは、羽曳野市で大正時代から続く「葡萄園たちばなや」のデラウエア。
18年ほど前、ぶどう作りをしたいと脱サラを決意して、
祖父の葡萄園を継いだ園主の橘谷 訓旨さんのストーリーも合わせてお楽しみください。

 

大阪食べる通信

季刊
2,300円(送料別・消費税込み)
大阪府

大阪の名物は知っているけれど、大阪で作られている美味しい食材を知っている人は、少ないのではないでしょうか?三方を山々に、西は大阪湾に囲まれた大阪。ここには毎日美味しさを求めて研鑽を重ねるすばらしい生産者さんがたくさんいるのです。私たち大阪食べる通信は、「大阪の生産者さんと食材について自信と誇りを持って語れる大阪人を増やすため」に誕生しました。

この食べる通信を購読する

2,300円(税込)+送料