秋田県湯沢市・奥山和宣さんたちが育てた「三関せり」

  東北食べる通信2023年2月号は、秋田県湯沢市・奥山和宣さんたちを特集します。

 秋田県湯沢市の三関(みつせき)地区で生産されている「三関せり」は、約300年の歴史がある伝統野菜。寒冷地の三関ではセリがゆっくり成長するため、寒くなると葉と茎より根が伸びます。清浄な伏流水で育ったこの根が三関せりの特徴で、天ぷらで食べると絶品です。

 秋田名物「きりたんぽ」に欠かせない食材として地域で親しまれてきた三関せりですが、ここ20年は生産量がずっと右肩下がり。需要は増える一方で、生産者は減少の一途です。そんな現状に危機感を持ち続けてきた奥山さん。2019年に、セリの安定生産と担い手増加を目指す株式会社 CRAS(クラス)を立ち上げました。

極寒の環境で収穫期を迎える三関せり。需要が多いのは年末ですが、奥山さんによると「実は2月のセリが一番うまい」とのこと。新葉(しんぱ)が出てくるこの時期は、味も香りも格別と奥山さんが最もおすすめする三関せりを、2月号ではお届けします。

 

お届け時期は、2月中旬からの開始を予定しております。(配送日のご指定が可能です。)

 

<申込締切>2023年2月8日正午


東北食べる通信とは?

 

独自の哲学でおいしい食べものを作り続ける東北各地のスペシャリストたち。毎月1回、彼らにクローズアップした特集記事とともに、彼らが収穫した食べものをセットでお届けしています。

 

生産者に密着取材

編集部が生産者を徹底取材。生産者の生き様と生産現場のリアルを情報誌でお届けします。

 

 

貴重な食材をご自宅で

市場にはなかなか流通しない、貴重な食材を現地直送でお届けします。旬の食材をお楽しみください。

 

情報誌について

情報誌では、編集部入魂の生産者ストーリーの他、フードデザイナー監修のレシピをお届けします。手軽にできるものから、手間ひまをかけるものまで、東北の食に親しみを感じられるレシピをお試しください。

 

お届けイメージ

毎月1回、食材と情報誌をセットでお届けします。配送日やオプションのご指定も可能です。

 

配送日指定と増量オプション

 

東北食べる通信では、配送日と増量オプションをお選びいただくことができます。

当月号のお届け準備ができましたら、会員の皆様へメールとLINEでご案内します。ご希望の日程を選び、配送をお待ちください。またその際に、食材を追加してご注文していただくこともできます。生産者が育てた食材や、各地の名産物をオプションとしてお選びいただけます。

 

 


東北食べる通信

月刊
2,680円(送料・税込)
東北

編集部が東北中を駆け回って惚れ込んだ、農家さん・漁師さんの物語をお届けします。茎付きのサトイモ、殻付きの牡蠣…一緒に届ける食べ物もなるべく自然に近い状態にしています。ぜひ家庭で畑や海の香りを楽しんでください。

運営者情報

株式会社ポケットマルシェ
〒025-0096 岩手県花巻市藤沢町446-2
TEL:0198-33-0971
代表者:高橋博之
運営責任者:岡本敏男

連絡先:info@taberu.me

この食べる通信を購読する

1,700円(税込)+送料

購読する