農事組合法人フレッシュファーム神代(こうじろ)」さんの笹巻

極-KIWAMI-食べる通信from島根、6月にお届けするのは「笹巻」です! 笹巻は、島根県内では、主に出雲地方でつくられています。 団子を笹で包んだものが、島根の笹巻。餡は入っていません。 調べると、旧暦の端午の節句のお祝いとして、ということが書かれていたりします。 食べられる時期は、5月~7月初旬くらいとわかれますが、これは笹の生長が地域によって異なるため。山間部では少し遅めにつくられます。 今回は、島根県雲南市三刀屋町にある「農事組合法人フレッシュファーム神代(こうじろ)」さんをご紹介します。 このあたりでは、笹巻は、お祝いの食べ物というよりも、農繁期のおやつのような存在だったようです。 たくさんの工程を、分業しながら順に仕上げていく。家庭内手工業を現代にみるかのようです。 お届けするのは、もちろん笹巻! もち米から笹まで、すべて地元のものです。 島根の伝統郷土料理、笹の香りとともにお楽しみください。


極-KIWAMI-食べる通信 from島根

「いいモノは いいヒトがつくっている」 をコンセプトに、島根の食につながるこだわりの生産者・職人達を紹介していきます。たくさんの人に手にとっていただいて、関わっていただいて、島根の“食の根っこ”=“極”をつないでいけたらと思っています。

この食べる通信を購読する