漬け梅を食べて育った、堺市・原野牧場の「大阪ウメビーフ」

常時100頭の牛が大切に育てられています。

実は大阪にもいるブランド牛、「大阪ウメビーフ」。 梅酒を作る過程でできる漬け梅を食べて育った牛だ。名前を聞けば「梅味?」と思うかもしれないが、もちろんそんなことはない。臭みがなくなり、油っぽさも少なく、さっぱりした肉質に仕上がる。もちろん、漬け梅を食べることだけが、美味しさの秘密ではない。そこには、「安心して食べてもらえる美味しいお肉」にこだわり続け、チャレンジし続ける親子の姿がある。

都市でおいしい牛を肥育するには、いかに牛のストレスを減らすかが大事」と語る原野 祥次さん

「大阪ウメビーフ」を育てる原野牧場。実は、「こんなところで牛を飼ってるの?」と驚かれるような場所にある。大阪府内で第二位の面積・人口を誇る堺市の街中で、周りにはマンションや住宅、商店が並ぶ住宅街なのだ。

『大阪食べる通信』19年3月号では、約100頭の牛を365日欠かさず世話をするご家族の物語を特集した冊子と、原野さんが育てた大阪ウメビーフのバラ肉をセットにしてお届けいたします。

漬け梅を食べることで、ジューシーであっさりした肉質に。

 

 

=お届けする食材= 大阪ウメビーフ バラ肉200g
※調理しやすいようにスライスしたお肉をお届けします。
※もっとたくさん食べたい方は、申し込み後「増量(バラ肉200g) 1,700円(税別)」をご案内いたします。

大阪食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料
大阪府

大阪の名物は知っているけれど、大阪で作られている美味しい食材を知っている人は、少ないのではないでしょうか?三方を山々に、西は大阪湾に囲まれた大阪。ここには毎日美味しさを求めて研鑽を重ねるすばらしい生産者さんがたくさんいるのです。私たち大阪食べる通信は、「大阪の生産者さんと食材について自信と誇りを持って語れる大阪人を増やすため」に誕生しました。

この食べる通信を購読する