【8~9月】門川町・熊野農園が育てる香酸柑橘「へべす」

食材


「宮崎ひなた食べる通信」8月号では、宮崎県門川町尾末の「熊野農園」が育てた香酸柑橘「へべす」をお届けします。

へべすは柚子・スダチ(徳島県)、カボス(大分県)、じゃばら(和歌山県)、シークヮーサー(沖縄県)などの仲間で酢みかんの一つ。名前の由来は江戸の末期、宮崎県日向生まれの長曽我部平兵衛さんという方が近くの山で香のよい木酢を発見し、自宅の庭先で栽培・普及させたので、平兵衛さんの名前から「平兵衛酢(へべす)」と名づけられました。へべすは、柚子やスダチなど他の柑橘に比べ皮が薄いため、簡単に果汁を絞ることができ、酸味がとてもまろやかです。そして、なんといってもへべすの最大の魅力は、さわやかな香りと優れた機能性。潤沢な果汁のなかには豊富なビタミンCと必須アミノ酸が含まれています。

 

生産者

「熊野農園」の主・熊野敏行さん

熊野農園の主・熊野敏行さんは、東京で映像制作の仕事をしていましたが、実家がへべす農家の奥様と知り合い、2012年春に宮崎に移住。へべすに魅了され、2014年1月に熊野農園を立ち上げました。そんな熊野さんは現在、農薬・化学肥料に頼った農業を見直し2018年より人と環境にやさしい有機農業(オーガニック)に挑戦しています。

熊野農園のへべすは、8月中旬からが収穫時期ですので、読者の皆様には9月中にお届けする計画で準備しています。都会育ちの熊野さんがへべすに魅了された物語と、宮崎の太陽の恵みをたくさん浴びたフレッシュなへべすのセットをどうぞお楽しみに!

 

お届け内容

  • お届け内容:情報誌、へべす1kg、生産者からの手紙
  • お届け時期:8月下旬〜9月下旬予定
  • 2,500円+送料

8月号の申込締め切りは8月8日正午まで

お申込みからお届けまで

ただいまお申し込みいただくと、8月号から定期購読が開始されます。

  • 配送方法:クロネコヤマト宅急便
  • 配送日時指定:配送期間と時間指定が可能です
  • お支払い方法:クレジットカードまたはコンビニ後払い
  • 購読期間:定期購読はいつでも停止することができます

購読する


宮崎ひなた食べる通信

季刊
2,500円(税込)+送料
宮崎県 日向市を中心とした4市9町

宮崎の“ひなた”で育った野菜、果物、肉、魚を通して関係人口の獲得を目指します。生産現場からの問題提起を食卓に届け、日本の食がどこに向かうべきかを探ります。生産者との交流イベント、収穫体験なども企画しますので、ぜひ宮崎にお越しください。 現在冬号(2020年11末発行予定)からの定期購読を受け付け中です。申込みの締切は2020年11月8日正午です。

運営者情報

地域商社 TABERU
〒8830034 宮崎県日向市富高4452
代表者:林 幸広
編集長:長友 慎治
連絡先:miyazaki-hinata@taberu.me

この食べる通信を購読する