9月号 日置食品さんがつくる「湯葉」

極-KIWAMI-食べる通信from島根、次号の特集は「湯葉」です!

島根県内では、湯葉が売られているのをみることは少ないように思います。

「湯葉=京都」のイメージも強いようにも思います。 が、あるのです!極の湯葉が!

今回は、島根県安来市広瀬町にある「日置食品」さんをご紹介します。

日置食品さんは、昔ながらの手づくり豆腐を製造・販売されています。

豆腐の製造過程でできる湯葉。 豆腐づくりへのこだわりや想いがあるからこそ、

絶品の湯葉ができるのです。 「いいものはいいヒトがつくっている」 私たち、極のテーマ

そのものであると、じわじわと感じていただきたい。 お届けするのは、もちろん湯葉!

そして、日置さんのところでつくられているお豆腐なども一緒にお届けします。

どうぞお楽しみに!


極-KIWAMI-食べる通信 from島根

「いいモノは いいヒトがつくっている」 をコンセプトに、島根の食につながるこだわりの生産者・職人達を紹介していきます。たくさんの人に手にとっていただいて、関わっていただいて、島根の“食の根っこ”=“極”をつないでいけたらと思っています。

この食べる通信を購読する