【鳥取食べる通信】朝日新聞鳥取版に特集していただきました!

朝日新聞鳥取版(1月10日)に「鳥取食べる通信」が取り上げられました!

連載『関係人口のカタチ』にて、「その地域の外にいながらも、その地域を愛し続ける」という「地域との新しい関わり方」が提案されています。

紙面では、大阪の読者の「食べる通信を購読しておけば、大阪にいても2ヶ月に1回は必ず鳥取のことを思い出せる」との言葉が紹介されています。

例えば、
「自分のふるさとである鳥取とつながり続けたい」
「鳥取には観光で行ったことがあるけどもっと知りたい」
など、「鳥取」に何らかの思いを持っている人がいるとします。

そういった方にとって、食べる通信は、食べることを通じて、鳥取とつながり続けるツールにもなるのです。

ぜひ、食べる通信で鳥取をもっと好きになってください。
購読のお申込みはこちらから受け付けております!

鳥取食べる通信

隔月刊
2,000円(税込)+送料
鳥取県

海の幸・山の幸に恵まれた、食のみやこ鳥取県。そんな鳥取の生産者の物語とそのこだわりの食材をお届けします。鳥取食べる通信で、いつもの食卓を一味ちがうものにしてみませんか。3月号は福昌丸船長・山本さんが獲った「モサエビ」を冬の日本海よりお届けします!

この食べる通信を購読する