【鳥取食べる通信】2018年11月号の食材は鳥取県鹿野町の白川さんの新米!


鳥取食べる通信11月号では、鳥取県鹿野町の白川大介さんが育てた「新米」をお届けします!

鳥取県鹿野町は山あいの中山間地域ですが、水がきれいで冷たく、寒暖差があり、なおかつ、日当たりも良いというお米づくりのための好条件が揃う地域。2014年に東京から鳥取市鹿野町に移住した白川さんは、お米づくりの師匠のもとで学びながら、鹿野町にておいしいお米づくりをしています。

<11月号の内容>
・特集する生産者
鳥取市鹿野町の白川大介さん
・お届けするもの
白川さんを特集した冊子+白川さんが育てた新米
・お届け時期
11月20日から発送開始(発送の準備ができ次第、発送日の希望をお取りいたします)

お申し込みはこちらから。
https://goo.gl/n1xAn2

美味しいご飯を食べながら、それを作った人の物語を冊子で読み、その人やそれが作られた地域に想いを馳せてみる。
鳥取食べる通信で「食をめぐる小さな旅物語」をしてみませんか?


鳥取食べる通信

隔月刊
2,000円(送料別・消費税込み)
鳥取県

海の幸・山の幸に恵まれた、食のみやこ鳥取県。そんな鳥取の生産者の物語とそのこだわりの食材をお届けします。鳥取食べる通信で、いつもの食卓を一味ちがうものにしてみませんか。あなたが知っている以上に、鳥取はもっとすばらしい。9月の創刊号では國吉さんが育てる大山野菜をお届けします。

この食べる通信を購読する