福岡エコ農産物認証の温州みかんはふかふかの畑で見事に色づく!

食材

ふくおか食べる通信Vol.13(11月下旬お届け予定)では、宗像市のみかん農家、川上農園の川上直幸さん、耕太さんの親子が育てた「温州みかん」です             

柑橘類で福岡エコ農産物を認証している数少ない川上農園では減農薬で化学肥料は不使用。もちろん除草剤は使っていないので、畑はふかふか。女郎蜘蛛が巣を張り害虫を捕食している姿が見られるなど、畑自体が自然の生態系です。

生産者

宗像市の川上農園 川上直幸さん、耕太さん親子

50年前に直幸さんが、減農薬栽培を始め、今では福岡県の基準の1/3以下の水準です。   お父さんの背中を見て、後を継いだ耕太さんと一緒に「農家とお客さんが顔の見える関係性」であることを大切にしてきました。

まさに、ふくおか食べる通信の理念と同じ「知産知消」を体現している生産者さんです。

お届け内容

  • お届け内容:情報誌+温州みかん(早生)約2kg
  • お届け時期:11月下旬
  • 3,500円(消費税、送料込み)

申込締め切りは11月7日(木)23時59分です。

ふくおか食べる通信

隔月刊
3,500円(送料・税込)
福岡県

知っている人が作ったものを知っているどうしで食べる「知産知消」。 行きつけのお店があるように、ごひいきの農家さん・漁師さんがあったら、それって嬉しくないですか? 福岡県内の農家さん約5万人、漁師さん約5千人 ふくおか食べる通信は、ごひいきの農家さん・漁師さんを見つけ、ふれ合う「宝探し」のお手伝いをいたします。

運営者情報

梶原圭三
連絡先:fukuoka@taberu.me

この食べる通信を購読する

3,500円(送料・税込)