平飼いの卵 ”つまんでご卵”

食材

ふくおか食べる通信Vol.16(5月下旬お届け予定)では、

糸島市で平飼い養鶏にて生産され、地元では”つまんでご卵”として愛されている自然卵をお届けします。

つまんでご卵は餌に色々な栄養素などを添加して作った特殊卵ではありません。

臭いのない鶏舎の地面の上で、のびのびと暮らした鶏から生まれた卵です。

生産量がそれほど多くなく、人気の為、慢性的に手に入りづらい卵です。

 

生産者

糸島市の緑の農園 早瀬憲一さん

 

鶏が砂浴びをする様子

これは、鶏がいかにリラックスしているかの証です。

ストレスなくリラックスした鶏から生まれた卵は栄養価が高く、菌にも強い。

加えて低コレステロールです。

お届け内容

  • お届け内容:情報誌+つまんでご卵(中玉以上10個)+α(現在、生産者さんと調整中)
  • お届け時期:5月下旬
  • 3,500円(消費税、送料込み)

申込締め切りは5月7日(木)23時59分です。

ふくおか食べる通信

隔月刊
3,500円(送料・税込)
福岡県

知っている人が作ったものを知っているどうしで食べる「知産知消」。 行きつけのお店があるように、ごひいきの農家さん・漁師さんがあったら、それって嬉しくないですか? 福岡県内の農家さん約5万人、漁師さん約5千人 ふくおか食べる通信は、ごひいきの農家さん・漁師さんを見つけ、ふれ合う「宝探し」のお手伝いをいたします。

運営者情報

梶原圭三
連絡先:fukuoka@taberu.me

この食べる通信を購読する