玄界灘の透き通る海水から作られる極上の天然塩:糸島市、平川秀一さんの塩

 

次号(9月下旬お届け)は、福岡県糸島市・平川秀一さんの「塩」

玄界灘の内海と外海がぶつかりあい、山と海の豊富なミネラルが混ざり合っている場所で作られる天然の塩。手塩にかけるという言葉があるように、何日も何日もかけて作られたこの塩は多くの料理人の支持を得ています。

加えて、

老若男女に大人気の「しおをかけて食べるプリン」を4個お届けします!

お申込みは、9月7日(火)23時59分まで!

ふくおか食べる通信

隔月刊
3,500円(送料・税込)
福岡県

知っている人が作ったものを知っているどうしで食べる「知産知消」。 行きつけのお店があるように、ごひいきの農家さん・漁師さんがあったら、それって嬉しくないですか? 福岡県内の農家さん約5万人、漁師さん約5千人 ふくおか食べる通信は、ごひいきの農家さん・漁師さんを見つけ、ふれ合う「宝探し」のお手伝いをいたします。

運営者情報

梶原圭三
連絡先:fukuoka@taberu.me

この食べる通信を購読する