【4月号】伊豆の山と海が育てる「熱海鱒」 

 

熱海鱒
熱海鱒

伊豆食べる通信4月号は、伊豆の山と海の豊かな水、徹底した品質管理で育てられた「熱海鱒(あたみます・サクラマス)」を特集します。

伊豆半島にある標高1,400メートルの天城山。そこに黒潮の暖かい風がぶつかり、たくさんの雨が降り、水質の良い豊かな水が川や海へと流れます。

山でも海でも恵まれた自然の中で、熱海鱒はストレスがかからない環境の元、徹底した品質管理とこだわり抜いた良質な餌を食べて育った熱海鱒は、鮮やかなサーモンピンクの身の色をしていて臭みがなく脂が乗った最高の品質を誇っています。

伊豆の山と海が育てた熱海鱒を是非ご堪能ください。

伊豆食べる通信

季刊
2,980円(送料・税込)
静岡県伊豆半島

豊かな海と深い山々。伊豆半島のその現場から、魅力的な“ひと”“場所”そして“食材”をお届けします。伊豆食べる通信は、伊豆の可能性を拡げていきます。

運営者情報

特定非営利活動法人 NPOサプライズ
〒410-2407 静岡県伊豆市修善寺75 ドットツリー
代表者:飯倉清太
連絡先:izu@taberu.me

この食べる通信を購読する