11/27(日) 四国食べる通信編集長・ポン真鍋が東京のイベントに登壇します!


14876490_612876512218044_8297448557883801142_o

お申込はこちらから。

「四国食べる通信」の編集長、ポン真鍋が東京でのイベントに登壇します。
なかなか東京に赴くことの少ないポン真鍋との交流の場をお持ちになりたい方、
ぜひ足をお運びくださいませ!

—————————————–
◆開催概要◆

●日時:
2016年11月27日(日)14~19時(13時開場)
※途中入退室自由です。

●場所:
3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6-11-14)

●アクセス:
東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分

●主催:一般社団法人四国若者会議

●ホームページ等:
(HP)http://shikoku1000.jp/
(HP詳細)http://shikoku1000.jp/2016/527/
(お問い合わせ)contact@shikoku1000.jp
(Facebook)http://www.facebook.com/shikoku1000
—————————————–

 

真鍋 邦大(まなべ・くにひろ)

1978年香川県高松市生まれ。東京大学大学院卒業後、リーマン・ブラザーズ証券など複数の外資系金融機関を経て2012年に小豆島に移住。地域おこしの会社である(株)459を創業し『シマポン』や『小豆島のギフト』など地域資源を活用したローカルビジネスの開発を手掛ける。また、島の中学3年生向けに『島の寺子屋教室』を実施。14年夏には『ポンカフェ』をオープンし過疎集落に交流の場を提供した。一方、14年5月には編集長として食材付きの情報誌である「四国食べる通信」を創刊。つくる人の想いや生産の裏側にある背景を食材と共に届けることで、四国の生産者と都会の消費者をつないでいる。現在は、四国食べる商店や四国食べる農園など、食を基軸としたリアルな場づくりを展開中。高松人間力大賞2013グランプリ受賞。「四国食べる通信」は、かがわビジネスモデル・チャレンジコンペ2014優秀賞受賞。