【9月 秋号】愛知県愛西市 田島蓮園さんの『泥付き蓮根』

株式会社田島蓮園 田島 寛也 さん

 

創業70余年 尾張名産​

​愛知県愛西市の旧立田村地区では、古く明治時代より木曽三川が運んだ肥沃な土壌で蓮根の栽培が盛んです。​

栽培期間中無農薬・化学肥料不使用・​田んぼ直送を掲げ、蓮根本来の美味しさを追求するため土づくりにこだわり蓮根を栽培している田島蓮園さんを特集します。

「小さい頃から農業をやりたいと考えたことはなく、田んぼの畦にいる昆虫を追いかけて観察していることの方が楽しく昆虫の研修者になりたいと思っていました。(笑)」と語る田島さん。

大学卒業の際に就農か就職かの選択を迫られたとき、14歳の時に亡くなった父が生前言っていた言葉「迷ったら人の選ばない方を選びなさい。その方が絶対に面白い人生になるから。」という言葉に導かれるように、自分しか選べない家業を継ぐという選択をしました。

「人生に寄り添う農業」の想いを胸に、農薬と化学肥料を使わない栽培を貫く田島さんの蓮根とは。

 

今回の付録食材「田島さんが育てる泥付き蓮根」

田島さんの愛のこもった『泥付き蓮根』を たっぷりとご堪能ください!

 

 

 

 

【あいち食べる通信の目標】

分断された生産者さんと消費者さんをつなぐこと。私たちが地元に誇りと責任を持てること。愛知県の食と農の課題をみんなで考えられる環境を作ること。そして、もっともっと愛知県を好きになることです。読んで、知って、作って、食べて、伝えて、つながる!を皆様と一緒に体感したいのです。

あいち食べる通信は、食べたら終わりではありません。定期的に開催される私たちのイベントに来てください。生産者さんの農場も見に来て下さい。よろしければ畑や田んぼにお手伝いにも来てください。

誌面で知っている、あるいはSNSでつながっている生産者の方々が、皆様を快く迎えて下さいます。

「あいち食べる通信」を通じて、愛知県をもっと好きになっちゃってください!

 

 

● 発行月(3月・6月・9月・12月)

  ※お申込み締切は、発行月の7日までです。

 

あいち食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料
愛知県

【2019年3月創刊】「地元に誇りと責任を!」の愛言葉を掲げ創刊するあいち食べる通信。都市部も農村部も有する愛知県の大いなる魅力を発信します。目標は農家さんと消費者さんとの絆づくり。紙面を通して知り合い出会い語り合えるイベントも開催いたします。愛知県をもっと好きになっちゃってください!

この食べる通信を購読する

2,300円(税込)+送料