大府市・加古義文さんが育てた、伝統野菜「愛知縮緬かぼちゃ」

6月号でお届けするのは、「愛知縮緬かぼちゃ」!

知多半島の北部に位置する大府市長草地域で、古くから栽培されている「愛知縮緬かぼちゃ」。名前の通り、着物地の“ちりめん”のようなゴツゴツした見た目が特徴的で、有名ファッション誌にも登場経験のあるかぼちゃです。昔ながらの味を守り栽培している、加古義文さんのストーリーとともにお届けいたします。

ぜひ「知多半島食べる通信」をご購読ください!

「知多半島食べる通信Vol.2(6月号)」の購読申込み締切り日は『6/7(金)』まで!

—————————————-
【発送タイミング】
・7月25日前後のお届け予定(お届けの準備ができましたら、ご希望日をメールにてお伺いします)

【お届けの内容】
・加古さんと愛知縮緬かぼちゃのストーリー(情報誌)
・愛知縮緬かぼちゃ
—————————————-

 

知多半島食べる通信とは?

知多半島にこだわって情報発信をしてきた「EDIT知多半島」編集部が、“知多半島=食半島”を体感していただけるような物語をお届けします。知多半島は5市5町からなる半島で、温暖な気候と2つの湾に囲まれているのが特徴です。そんな地域から生み出される様々な食材をぜひお楽しみください。 
生産者を特集した「情報誌(A4版16P)」と、特集された生産者が収穫・加工した「食材」を一緒にご自宅にお届けします。

知多半島食べる通信は「食べもの付き定期購読誌」。3か月に1回(3月、6月、9月、12月頃)のお届けで、1回の購読料は2,500円(情報誌+食材+消費税)です。※送料は別途読者様負担

【特集予定の生産者さん】

2019年06月(大府市)
 :愛知縮緬かぼちゃ
2019年09月(常滑市)
 :とこなめいちじく
2019年12月()
 :
2020年03月(東海市)
 :愛知早生ふき

※作物の育ち具合により変更となる場合もございます

知多半島食べる通信

季刊
2,500円(税込)+送料
愛知県 知多半島

【2019年3月創刊】知多半島にこだわって情報発信をしてきた「EDIT知多半島」編集部が、“知多半島=食半島”を体感していただけるような物語をお届けします。温暖な気候と2つの湾から生み出される様々な食材をお楽しみください。 季刊誌 EDIT知多半島/ http://chitahantou.net

この食べる通信を購読する

2,500円(税込)+送料