【9月号】名古屋市名身連第一ワークスの『あつたハニー』

名古屋市名身連第一ワークス・第一デイサービスが取り組む養蜂 

「熱田で生まれた百花蜜」

私たちあいち食べる通信編集部が取り上げるのは、地域性に秀でた食材ばかりではありません。

次回9月号は、障害者の給料が非常に安い現実を前に…「それなら、施設屋上に巣箱を置いて蜂蜜を採って販売し、障待遇アップに役立てよう!」…そう思い立ち、実際に取り組む、「名身連(名古屋市身体障害者福祉連合会)」の養蜂プロジェクトにフォーカスします。職員と障害者が一体となっての農福連携は、生きものと関わる養蜂体験を通じ心の元気を応援するプロジェクトという意味合いもあります。熱田神宮とその周辺の花々由来の百花蜜…乞うご期待!!

 


あいち食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料
愛知県

【あいち食べる通信の目標】 私たちの目指すのは、いつの頃からか分断されてしまった生産と消費の関係を、以前のように「つなぎ合わせる」ことです。 まずは、あいち食べる通信の冊子を読んでいただき、食材のこと、地域のこと、生産現場のこと、さらには生産者の生きざままを知っていただくことからはじめてみてください。さらには、届いた付録食材を、家族や友人も巻き込んで調理し、おいしく食べて、その歓びを体感してみてください。そこで終わりではありません。あいち食べる通信の準備するSNSやイベントにも参加いただき、生産現場とあなたの距離をどんどん縮めていってもらえばと私たちは願います。 想像してみて欲しいのですが、親戚や友人から届く野菜やお米は、品質や味わいを超えたおいしさがあるとは思いませんか? …そこに芽生えるのは、地元への誇り、責任、つながることによる温もり、この関係が永く続けばいいという気持ちです。生産者さんの田んぼや畑を訪ねたり、お手伝いもしたり…。そのすべてが子どもたちに残せる、しあわせな暮らしの在り方となると私たちは信じています。

運営者情報

株式会社 あいち食研
〒451-0025 愛知県名古屋市西区上名古屋4丁目7-26
代表者:松原修一
連絡先:aichi@taberu.me

この食べる通信を購読する

2300円(税込)+送料

購読する