【早春号】豪雨災害をのりこえた!笑顔の”せとか”-長崎市 野中果樹園 ハウス完熟せとか

生産者・食材

長崎市琴海地区 野中果樹園 野中隆史さん・麻美さん

-ハウス完熟せとか-

鈴なりのミカン畑を「キャッキャッ」と二人の子ども達がかけまわり、笑顔あふれるにぎやかな野中果樹園。長崎県西彼杵半島の東側、大村湾に沿ってリアス式海岸がのび、風光明媚で温暖な琴海地区で柑橘類とアスパラを主に栽培しています。この冬は直販サイトを立ち上げ多くの注文が入り、順調のように見える野中果樹園ですが、2020年7月には豪雨によりミカンハウスが立つ斜面が流れる被害に!そこから、周囲の支援を受け、クラウドファンディングで復旧費用を募り、「皆さんのおかげで今がある」と野中果樹園さんは言います。この豪雨災害時と前後をふり返りながら野中果樹園のストーリーを「ハウス完熟せとか」とともにお届けします。

<お届け内容>

  • 野中夫妻を特集した情報誌、ハウス完熟せとか(柑橘品種)LL~L計6個
  • お届け時期:2月中旬を予定
  • 購読料:3,000円(税込)+送料
  • 送料:九州圏内800円、中国・四国地方900円、関西・中部1100円、関東・信越・北陸1300円、東北1500円、北海道2000円、沖縄1300円

早春号のご購読の申込み締め切りは、1月8日正午です。※期日を過ぎたお申込みの方へは別途専用サイトをご連絡します。

購読する

お申込みからお届けまで

  • 配送方法:ヤマト運輸(常温)
  • 配送日時指定:配送日時の指定が可能です。1月下旬頃ご連絡します。
  • お支払い方法:クレジットカード(手数料無料)、またはコンビニ後払い(手数料220円)
  • 購読期間:定期購読は2ヵ月に1度更新されますが、いつでも停止することができます。

ただいまお申し込みいただくと、1月号から定期購読が開始されます。

購読する

ながさき食べる通信について

    ながさき食べる通信は、人口流出が著しい長崎県の、さらに狭小の生産の現場に赴き、生産者さんと向き合い、時に寄り添いながら、その思いをストーリーに描きます。読者の皆さんはそのストーリーを通じて、生産の現場が抱える問題を共有し、生産者さんの思いを共感してほしい。それはあたかも、彼らのライフストーリーを旅しているかのように。

 

  • 特集地域:長崎県全域
  • 発行頻度:隔月(奇数月)発行
  • 価格:3,000円(税込)+送料

ながさき食べる通信

隔月刊
3,000円(税込)+送料
長崎県

美味しいを生み出す人の物語を伝える旅、特上の「ながさきんもん」長崎の人・食べ物をお届けします。「ながさき」にご縁がある方も、応援したい方も、少し気になる方も、一緒に、ココロとカラダがよろこぶストーリーを旅しましょう。

運営者情報

森田優子
連絡先:nagasaki@taberu.me

この食べる通信を購読する

3000円(税込)+送料

購読する