7月号は船橋市 フィッシャーソングライター松本新吾さんの「ホンビノス貝」

食材

 

船橋三番瀬のホンビノス貝は、千葉ブランド水産物に認定されています。 北米産のホンビノス貝が東京湾で発見されたのは、20年ほど前と言われています。 貝は、ふっくらと肉厚、そしてクリーミー。おいしい出汁がたっぷりと出るので、アメリカではクラムチャウダーに使われます。

 

生産者

フィッシャーソングライターと名乗る松本さん。40代半ばでの会社経営者から漁師へ転身したのはなぜか?松本さんの物語とともにお楽しみください。

 

お届け内容

◆お届け内容:情報誌、ホンビノス貝(約2キロ)
◆お届け時期:7月下旬から
◆3,300円(税込、送料込)

 

ちば食べる通信7月号の申込締め切りは7月8日正午まで


ちば食べる通信

月刊
3,300円(送料・税込)
千葉県

「ちば食べる通信」は、毎月、千葉の食のつくり手を特集した「情報誌」と、彼らがつくった「食材」がセットでご自宅に届く“食べもの付き定期購読誌”です。

運営者情報

運営法人:トンネル合同会社
編集長:佐藤謙太
連絡先:chiba@taberu.me

この食べる通信を購読する

3,300円(送料・税込)

購読する