【6月号】碧南市から前浜しらす100%天日干し「しらす干し」

地元愛いっぱい!陽光までもが愛知県産。

愛知県碧南市カネ光水産の前浜しらす100%天日干し「しらす干し」

 

【榊原 隆典 さん】

次回6月は、地元の初夏の味覚にフォーカスします。 特集する生産者は、しらす干し加工業「カネ光水産」の 榊原隆典さん。しらす干しの製法は、シンプルゆえに 素材の鮮度と製法で、その善し悪しが大きく変わります。 榊原さんのところでは、大浜魚地方卸売市場(大浜)に 水揚げされる地元漁師さんが漁ったしらすを買い付け、 市場からすぐの加工場に運び、洗浄・異物除去のあと佂煮… あとは天日で干し仕上げます。天候にも製法よりますが、 普通のしらす干しなら1時間、かちりで3~4時間で製品に。 大量の原料を蒸籠に並べ干し場に干す作業は重労働です。 不漁のときも輸入ものは使わない… 雨続きでも機械乾燥はしない… ブレない姿勢のしらす干しの味は格別です。乞うご期待!!

 

 

【あいち食べる通信の目標】
分断された生産者さんと消費者さんをつなぐこと。私たちが地元に誇りと責任を持てること。愛知県の食と農の課題をみんなで考えられる環境を作ること。そして、もっともっと愛知県を好きになることです。読んで、知って、作って、食べて、伝えて、つながる!を皆様と一緒に体感したいのです。
あいち食べる通信は、食べたら終わりではありません。定期的に開催される私たちのイベントに来てください。生産者さんの農場も見に来て下さい。よろしければ畑や田んぼにお手伝いにも来てください。
誌面で知っている、あるいはSNSでつながっている生産者の方々が、皆様を快く迎えて下さいます。
「あいち食べる通信」を通じて、愛知県をもっと好きになっちゃってください!

● 発行月(3月・6月・9月・12月)
  ※お申込み締切は、発行月の7日までです。


あいち食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料
愛知県

【あいち食べる通信の目標】 私たちの目指すのは、いつの頃からか分断されてしまった生産と消費の関係を、以前のように「つなぎ合わせる」ことです。 まずは、あいち食べる通信の冊子を読んでいただき、食材のこと、地域のこと、生産現場のこと、さらには生産者の生きざままを知っていただくことからはじめてみてください。さらには、届いた付録食材を、家族や友人も巻き込んで調理し、おいしく食べて、その歓びを体感してみてください。そこで終わりではありません。あいち食べる通信の準備するSNSやイベントにも参加いただき、生産現場とあなたの距離をどんどん縮めていってもらえばと私たちは願います。 想像してみて欲しいのですが、親戚や友人から届く野菜やお米は、品質や味わいを超えたおいしさがあるとは思いませんか? …そこに芽生えるのは、地元への誇り、責任、つながることによる温もり、この関係が永く続けばいいという気持ちです。生産者さんの田んぼや畑を訪ねたり、お手伝いもしたり…。そのすべてが子どもたちに残せる、しあわせな暮らしの在り方となると私たちは信じています。

運営者情報

株式会社 あいち食研
〒451-0025 愛知県名古屋市西区上名古屋4丁目7-26
代表者:松原修一
連絡先:aichi@taberu.me

この食べる通信を購読する

2300円(税込)+送料