【冬号:2月お届け】地域循環を目指す牛肉「eびーふ」-北海道十勝・音更町

北海道 音更町 花房さんがつくる牛肉(北の牧場舎)

e-びーふ(エコロジー、エコノミー、エシカル、そして笑顔の”e”)

 

●特集生産者:花房俊一さん(北の牧場舎 代表)

「うちの母ちゃんが安心して買える肉じゃないと、怒られちゃうよ」
と笑うのは、牛肉生産者の花房俊一さん。

安全なことは当たり前と、地域内で生産された飼料を与えて循環農業を行う。
それでいて、安価で提供できることにも徹底してこだわる。

花房さんは大手企業で肉や飼料の流通に長年携わってきた経験を持っている。
だからこそ知り尽くした肉業界のこと。牛肉の品質のこと。生産者のこと。餌のこと。

会社を退任し、花房さんが目指す<理想の牛肉生産>を叶えたのが「e-びーふ」。

そんな花房さんの挑戦を取材しました。

 

 

●お届けする食材:花房俊一さんが生産する牛肉「e-びーふ」(黒毛和種)

花房さんが運営するのは音更町にある北の牧場舎。
ここで育っているのはブラウンスイス牛や黒毛和牛が入り混じって育てられています。
北海道産にこだわった餌によって高品質なお肉に仕立てていくのです。

生産から販売まで戦略的にデザインされた、「エコロジー」「エコノミー」
「エシカル」そして「笑顔」の牛肉「e-びーふ」。

 

今回おとどけするお肉の品種は黒毛和種。

ひき肉300g + ブロック肉(部位未定)300g前後

を2月中旬にお届け予定です。

申込締め切りは1月7日(木)まで。

 

 

●北海道食べる通信とは

日本の食糧供給基地ともいえるほど、魚介類・肉類・野菜・乳製品など生産量ナンバーワンを多く持ちます。広大な大地と恵まれた自然。ですが、おいしいものを作り出すのは、自然もさることながら、生産者の情熱があってこそです。北海道食べる通信は、情熱と哲学を持った生産者を追って、取材し、そのおいしさをお届けいたします。

◆発行頻度:季刊発行(年4回:1月/4月/7月/10月)

◆価格:3,980円(税込)+送料(道内700円/東北・関東・信越・北陸・中部1000円/関西・中国・四国九州1200円/沖縄1800円)

 

 


北海道食べる通信

季刊
3,980円(税込)+送料
北海道

食の宝庫、北海道。それは大自然の恵みだけではなく、生産者の努力と信念から作り出された宝物。その思いに触れると思わず“会いに行きたくなる食物語”と共に、まだ知られざる北海道の魅力をお届けします。

運営者情報

株式会社 グリーンストーリープラス
代表者:林真由
連絡先:hokkaido@taberu.me

この食べる通信を購読する

3,980円(税込)+送料

購読する