【3月号】真っ赤なヒロコとトマトー東京出身の夫とつくる農業の未来ー南島原市 近藤裕子さん

生産者

 

 

みらい有限会社 代表 近藤裕子さん。南島原市で東京都出身の夫、基(もとき)さんと作り上げるトマト達の様に、真っ赤な熱い思いをじっくりと濃厚に実現していき次世代に繋いでいく農業経営者。女性や後継という既成概念をしなやかにかわし、妻として母親として経営者として、自問自答しながらも、日々奮闘している裕子さんのストーリーをお届けします!

 

食材

 

 

「基さんのトマト、栽培方法を勉強して、すっごく美味しくできているんです! 」と一番のファンである裕子さんのお墨付き。化学肥料を使わず、減農薬で栽培し、「アイコ」はその心をつかむ赤い色に引き寄せられ、一度食べだすと手が止まらないくらい濃厚な甘さが最高!!実がしっかりしている「麗妃」は、肉詰めしたり、牛肉と煮込んだりと料理向き。あっさりとしているモツァレラチーズとの相性は抜群!

 

お届け内容

  • お届け内容:近藤裕子さんを特集した情報誌、付録トマト2種(アイコ・麗妃)
  • お届け時期:3月下旬〜4月上旬を予定
  • 購読料:3,000円(税込)+送料
  • 送料:九州圏内800円、中国・四国地方900円、関西・中部1100円、関東・信越・北陸1300円、東北1500円、北海道2000円、沖縄1300円

3月号のご購読の申込み締め切りは、3月8日正午です。

購読する

お申込みからお届けまで

  • 配送方法:ヤマト運輸(常温)
  • 配送日時指定:配送日時の指定が可能です。3月中旬頃ご連絡します。
  • お支払い方法:クレジットカード(手数料無料)、またはコンビニ後払い(手数料220円)
  • 購読期間:定期購読は2ヵ月に1度更新されますが、いつでも停止することができます。

ただいまお申し込みいただくと、3月号から定期購読が開始されます。

購読する

ながさき食べる通信について

    ながさき食べる通信は、人口流出が著しい長崎県の、さらに狭小の生産の現場に赴き、生産者さんと向き合い、時に寄り添いながら、その思いをストーリーに描きます。読者の皆さんはそのストーリーを通じて、生産の現場が抱える問題を共有し、生産者さんの思いを共感してほしい。それはあたかも、彼らのライフストーリーを旅しているかのように。

 

    • 特集地域:長崎県全域

 

    • 発行頻度:隔月(奇数月)発行

 

    • 価格:3,000円(税込)+送料

 


ながさき食べる通信

隔月刊
3,000円(税込)+送料
長崎県

美味しいを生み出す人の物語を伝える旅、特上の「ながさきんもん」長崎の人・食べ物をお届けします。「ながさき」にご縁がある方も、応援したい方も、少し気になる方も、一緒に、ココロとカラダがよろこぶストーリーを旅しましょう。

運営者情報

森田優子
連絡先:nagasaki@taberu.me

この食べる通信を購読する

3000円(税込)+送料

購読する