【9月号】宮崎県高千穂町の佐藤孝輔さんが育てる「高千穂牛」

はじめに

高千穂郷食べる通信のページをご覧いただきありがとうございます。

2016年に創刊した高千穂郷食べる通信ですが、4周年を迎え、多くの人に私達の地域の事、生産者の事を知って、食べて、遊びにきてもらいました。

なかには読者の方で移住をされて、一緒にお仕事をされた方もいます。それも、読者の皆様に支えられてきたからこそです。ありがとうございます。

そんな4周年を迎える高千穂郷食べる通信は、高校生が伝える高千穂郷食べる通信(仮称)にリニューアルします。

編集部を地元の「宮崎県立高千穂高校」と「宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校」の混成チームと記事執筆を行いこれからの食べる通信の活動を行うこととなりました。

現在、生産者の方の所へ取材を行っている真っ最中です。

様々な至らない点等あるかとは思いますが、プロとして高校生と食べる通信を作りあげていきます。

よろしくお願いします!!

2020年秋号で特集する食べ物は優良種牛の産地高千穂の「高千穂牛」

さて、2020年9月号では、宮崎県高千穂町の高千穂牛をお届けします!

一番の特徴は、クセのない食べてても飽きないサシ。旨味の強い肉質が特徴で、その秘密はこの地に受け継がれる農法にありました。

全国のブランド牛生産者も認める高千穂市場で育つ高千穂牛の味をぜひお楽しみください!

特集生産者は高千穂牛生産者の佐藤孝輔さん

宮崎県高千穂町 肥育牛生産者 佐藤孝輔さん

婿養子として、隣町から移住してきた佐藤孝輔さん。現在は高千穂の中でも一際山深い場所専業の高千穂牛(肥育牛)生産者として日々の営農を行います。

2020年春には新型コロナウイルスの影響で和牛の消費が落ち込み経営にもかなりの影響がありました。それでも前を向いて高千穂牛を育てるのは「日本一の和牛農家になるため」そして「家族のため、地域のため」。佐藤孝輔さんの物語をお楽しみください!

お届け内容

  • お届け内容:情報誌、高千穂牛、生産者からの手紙
  • お届け時期:9月20日前後
  • 2,300円+別途送料

9月号の申込締め切りは9月8日正午まで

お申込みからお届けまで

ただいまお申し込みいただくと、9月号から定期購読が開始されます。

  • 配送方法:クロネコヤマト宅急便
  • 配送日時指定:配送期間と時間指定が可能です
  • お支払い方法:クレジットカードまたはコンビニ後払い
  • 購読期間:定期購読はいつでも停止することができます

購読する

 


高千穂郷食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料
宮崎県高千穂郷

九州の山々に囲まれた高千穂郷。古来より人々が自然の恵みを巧みに利用し暮らしており、その暮らしが評価され、2015年に世界農業遺産に認定されました。高千穂郷の暮らしを、ぜひ体験してください。

運営者情報

NPO法人 高千穂アカデミー
〒宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井802-6 コワーキングスペース452
代表者:佐藤翔平
連絡先:takachihogo@taberu.me

この食べる通信を購読する