【9月号】井関農園(池田市)の井関さんが育てた アイガモ農法のお米

大阪食べる通信の9月号は、
「井関農園」(池田市)の井関俊輔さんのお米作りに賭けるストーリーと
アイガモ農法で作る安心安全なお米をお届けいたします。

田植えが終わったばかりの田んぼを歩く井関俊輔さん
田植えが終わったばかりの田んぼを歩く井関俊輔さん

水田が広がる田園地帯にひときわ「賑やか」な一角がある。
1000羽以上のアイガモが「ピー、ピー」と鳴きながら水田の中を列を作って泳いでいる。
できるだけ自然な環境で米作りをしている井関農園の田んぼだ。

ここでは、20年以上前から安全なお米作りを目指してアイガモ農法に取り組んでいる。

アイガモ農法を取り入れたのは俊輔さんの祖父。
大阪の池田市から兵庫県の篠山に田んぼを移してしばらくたった頃、
俊輔さんの祖父は偶然アイガモ農法に出会い、
「なんか、面白(おもろ)そう」という感覚で始めたそうだ。

そんな想像力と行動力は、俊輔さんにも受け継がれていました

もっと喜んでもらうために、様々な取り組みを行い、代々受け継がれた農地を弟と
二人で守る姿を取材しました。

田んぼデビュー直前のアイガモ
田んぼデビュー直前のアイガモ

今回お届けする食材は、そのアイガモ農法で育てられたお米の食べ比べセット
(有機米コシヒカリ、有機米夢ごこち、有機米ミルキークィーン)か、
アイガモのお肉と有機米コシヒカリのセットを選んでいただいけます。

デビューしたてのアイガモたち
デビューしたてのアイガモたち

大阪食べる通信2020年9月号からの購読申し込みは9月8日(火)まで。
購読を希望される方は、
下記の「この食べる通信を購読する」をクリックしてください。


大阪食べる通信とは

大阪の生産者人口はわずか1万5千人。その半分以上が60歳以上の高齢者です。 大阪という
大都市の様々な問題で、農業を諦めたり、新規に就農を志す人も減少 するなど、
このままでは大阪で農作物を作る人がいなくなってしまいます。
そこで私たちが大阪で頑張る生産者さんと食材をご紹介することで、
大阪に 住むみなさまに大阪の農家・食材を知っていただき、
大阪の食材、農家さん のことを自信を持って語れる大阪人を増やすことを目指しています。
「知って食べる豊かさ」を一人でも多くの大阪人にお届けしたいと思います。
生産者のストーリーを特集した情報誌と、その生産者が丹精込めて育てた食材を
一緒にご自宅にお届けする「食べ物付き定期購読型の情報誌」です。年4回発行し、
1回の購読料は<情報紙+食材>で2,300円(税込・送料別)。


 

 


大阪食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料
大阪府

大阪の名物は知っているけれど、大阪で作られている美味しい食材を知っている人は、少ないのではないでしょうか?三方を山々に、西は大阪湾に囲まれた大阪。ここには毎日美味しさを求めて研鑽を重ねるすばらしい生産者さんがたくさんいるのです。私たち大阪食べる通信は、「大阪の生産者さんと食材について自信と誇りを持って語れる大阪人を増やすため」に誕生しました。

運営者情報

株式会社 商報
〒599-8231 大阪府堺市中区学園町2-20
代表者:森実 隆一
運営責任者:森山 裕
連絡先:osaka@taberu.me

この食べる通信を購読する

2,300円(税込)+送料

購読する