《7月号》耳納連山の麓で育つイチジク(とよみつひめ)

食材

ふくおか食べる通信Vol.17(7月下旬お届け予定)では、

久留米市の耳納連山の麓で美味しい水の恩恵を受け、無農薬、無化学肥料で育てられたイチジクをお届けします。

「とよみつひめ」と言われる福岡県が独自で開発した品種。

非常にデリケートな為、無農薬栽培は大変難しいんです。

 

生産者

久留米市、井上農園の井上正隆さんと一番弟子の平麻里さん

元、製造メーカーで働いていた井上さんの農園は、美しく整備され整理整頓が進んでいます。

井上さんは、この場所にふくおか食べる通信の読者さんを呼んで、丹精込めて作ったイチジクを振舞いたいと嬉しい目標を語ってくださいました!

 

そして、今回は生のイチジクに加えて、増量メニューとして

イチジクのコンフィチュールやセミドライフルーツもお届けします!

お届け内容

  • お届け内容:情報誌+イチジク (増量メニューは別途告知予定)
  • お届け時期:7月下旬
  • 3,500円(消費税、送料込み)

申込締め切りは7月7日(木)23時59分です。

ふくおか食べる通信

隔月刊
3,500円(送料・税込)
福岡県

知っている人が作ったものを知っているどうしで食べる「知産知消」。 行きつけのお店があるように、ごひいきの農家さん・漁師さんがあったら、それって嬉しくないですか? 福岡県内の農家さん約5万人、漁師さん約5千人 ふくおか食べる通信は、ごひいきの農家さん・漁師さんを見つけ、ふれ合う「宝探し」のお手伝いをいたします。

運営者情報

梶原圭三
連絡先:fukuoka@taberu.me

この食べる通信を購読する

3,500円(送料・税込)

購読する