【2020年1月】伊豆食べる通信「三島人参」

三島人参

2020年1月号は、昨年7月号で特集した「三島馬鈴薯」とおなじく、三島市の箱根西麓三島野菜と呼ばれている「三島人参」を特集します。

 

「うまい根菜は土が作ってくれる。」と受け継がれる土作り。化学肥料や農薬の使用量をその地域の通常の栽培方法よりも減らした安心安全のエコ栽培を行い、安心安全でカロチンが豊富な「三島人参」を育てています。

 

標高の高い箱根西麓地域で栽培されている人参は、厳しい寒さに耐え、糖度を蓄えるので、その甘さは日本でもトップクラスの糖度を誇っています。


果物のような風味や甘さがあるのが特徴で、生で食べるのが一番美味しいと言われる三島人参をご堪能ください。

伊豆食べる通信

季刊
2,980円(送料・税込)
静岡県伊豆半島

豊かな海と深い山々。伊豆半島のその現場から、魅力的な“ひと”“場所”そして“食材”をお届けします。伊豆食べる通信は、伊豆の可能性を拡げていきます。

運営者情報

特定非営利活動法人 NPOサプライズ
〒410-2407 静岡県伊豆市修善寺75 ドットツリー
代表者:飯倉清太
連絡先:izu@taberu.me

この食べる通信を購読する

2,980円(送料・税込)