【12月号】岸和田市きしわだ彩誉会の金沢さんたちが育てる『彩誉(あやほまれ)人参』

きしわだ彩誉会の金沢さんたちが育てた『彩誉(あやほまれ)人参』をお届けいたします。

大阪食べる通信 彩誉(あやほまれ)人参
岸和田生まれの衝撃の人参、彩誉(あやほまれ)大阪食べる通信

大阪食べる通信の12月号は衝撃の甘さが特徴の人参『彩誉(あやほまれ)』と、
彩誉を岸和田の新しい名産品にしたい!と精力的に活動されている若手農家さんの
ストーリーをお届けいたします。

大阪食べる通信 きしわだ彩誉会
大阪食べる通信 きしわだ彩誉会

彩誉は岸和田市の種苗メーカーが開発した人参。せっかくの岸和田生まれの
美味しい人参を岸和田の新しい名産品にする岸和田市の若手農家が中心となって
「きしわだ彩誉会」として活動しています。今回は彩誉の美味しさをお伝えする
とともに、彩誉の6次産業化への取り組みなども取り上げます。

 

大阪食べる通信とは

大阪の生産者人口はわずか1万5千人。その半分以上が60歳以上の高齢者です。
大阪という大都市の様々な問題で、農業を諦めたり、新規に就農を志す人も減少するなど、このままでは大阪で農作物を作る人がいなくなってしまいます。
そこで私たちが大阪で頑張る生産者さんと食材をご紹介することで、大阪に住むみなさまに大阪の農家・食材を知っていただき、大阪の食材、農家さんのことを自信を持って語れる大阪人を増やすことを目指しています。

「知って食べる豊かさ」を一人でも多くの大阪人にお届けしたいと思います。

生産者のストーリーを特集した情報誌と、その生産者が丹精込めて育てた食材を一緒にご自宅にお届けする「食べ物付き定期購読型の情報誌」です。年4回発行し、1回の購読料は<情報紙+食材>で2,300円(税込・送料別)。

大阪食べる通信

季刊
2,300円(税込)+送料
大阪府

大阪の名物は知っているけれど、大阪で作られている美味しい食材を知っている人は、少ないのではないでしょうか?三方を山々に、西は大阪湾に囲まれた大阪。ここには毎日美味しさを求めて研鑽を重ねるすばらしい生産者さんがたくさんいるのです。私たち大阪食べる通信は、「大阪の生産者さんと食材について自信と誇りを持って語れる大阪人を増やすため」に誕生しました。

運営者情報

株式会社 商報
〒599-8231 大阪府堺市中区学園町2-20
代表者:森実 隆一
運営責任者:森山 裕
連絡先:osaka@taberu.me

この食べる通信を購読する

2,300円(税込・送料別)