【12月発行】「農」がある生活が大切!山田一生・裕美子夫妻が育てた米で作ったお餅

食材

 垂水市高城の田んぼで、山田一生・裕美子夫妻が5人の子どもたちと一緒に大切に育てた米で作ったお餅です。農薬も肥料も使っていません。お餅は、昔ながらの杵と臼で山田夫妻がついています。玄米のプチプチした食感を楽しめる、見た目も可愛い丸餅です。(写真は赤米のお餅。)

 

生産者

 

    東京生まれ東京育ちの裕美子さんと広島出身の一生さんが出会ったのは、東京にある自然環境を守るプロを育てる専門学校。一生さんが奄美でマングスターバスターの仕事をしていた10年前、「農」がある暮らしを始めることを決意し、垂水市高城にやってきました。職業としての農業経験ゼロ、資金もなく、指導者もいない。何も持っていなかった彼らが、今では無農薬・無施肥で米や野菜を育て、梅干し、醤油、味噌なども自分たちで作って販売しています。

    なぜ農のある暮らしが大切なのか? 彼らの屋号・「かえるすたいるYamada野菜」に込める思いとは? など彼らのチャレンジ、将来の夢などを、彼らが育てた米で作ったお餅と一緒にお届けします。

    楽しみにお待ちください!

 

お届け内容

  • お届け内容:山田一生・裕美子夫妻のチャレンジ(情報誌)、彼らが育てた米で作ったお餅(3種類、各3個、合計9個くらい)、生産者からの手紙
  • お届け時期:12月20日〜12月25日頃を予定
  • 3,500円(送料・税込)

12月号の申込締め切りは12月8日正午まで

お申込みからお届けまで

ただいまお申し込みいただくと、12月号から定期購読が開始されます。

  • 配送方法:クロネコヤマト宅急便
  • 配送日時指定:配送日時の指定が可能です。
  • お支払い方法:クレジットカードまたはコンビニ後払い
  • 購読期間:定期購読はいつでも停止することができます。

購読する

かごんま食べる通信について

    かごんま食べる通信は、鹿児島県内で「チャンレジしている生産者(農水畜産物&加工品)」を特集した情報紙と、 彼らが育てたもの(付録、味見程度の量です)を一緒に隔月(偶数月)でお届けします。2018年4月に創刊し、9号発行しました(2019年8月25日現在)。食の現場を通して、「あなたの知らない鹿児島」を一緒に探求してみませんか?

 

  • 特集地域:鹿児島県全域
  • 発行頻度:隔月(偶数月)発行
  • 価格:3,500円(送料・税込)

情報誌

   生産者のチャレンジを通して、どうやって食べ物ができるだけでなく、その人の生き様もお伝えします。

生産者のライフストーリー

最近のお届け内容

交流イベント

    東京都内での食事会、現地ツアーなど、生産者さんと顔をあわせて、一緒に楽しむイベントを随時開催しています。

編集長から

    こんにちは、編集長の日髙かおるです。『かごんま食べる通信』が目指すのは、どんな人が食べ物を作っているのかを知って、味わってもらい、生産者に会いに行く機会を作ることです。食べ物の味には作る人のキャラクターが出る、どんな人が作っているのかを知って食べるとますます美味しくなる、って信じて、毎号全力で取材しています。1人でも多くの人に、鹿児島の作る人のチャレンジを知ってもらいたいと思っています。

かごんま食べる通信

隔月刊
3,500円(送料・税込)
鹿児島県

あなたの知らない鹿児島をお届けします。 「かごんま」とは「鹿児島」の地元での呼び方。 特集する生産者さんのKey Wordは、Challenger! 年齢、性別等に関係なく、既存の生産・栽培方法、販売方法などにとらわれず、常にチャレンジしている人たちです。 ※9号の購読申し込みは、終了しました。10号(2019年10月25日発行)の購読申し込みは、2019年10月8日正午〆切です。

運営者情報

株式会社 食未来
代表者:日髙かおる
連絡先:kagonma@taberu.me

この食べる通信を購読する

3,500円(送料・税込)