福島県西会津町・高久一志さん、香織さんが育てた「椎茸」

東北食べる通信9月号では、福島県西会津町の高久一志さんが育てた菌床椎茸をお届けします。

高久さんの椎茸は驚くほどの肉厚さ、柔らかい軸、そしてえぐみがなく甘みが強いのが特徴です。日本中の椎茸農家を巡り、技術を学んで来た高久さんだからこそたどり着いた究極の椎茸は、椎茸の味や形を競う全国大会で5年連続最高賞を受賞しています。

教師だった高久さんが農家になったのは今から11年前。最愛の妻・香織さんが病により片目を失明したのがきっかけでした。懸命の手術・入退院を繰り返すも消えて行く視界……、2年間の闘病生活で香織さんの心は疲れ切ってしまいました。「ふるさとで、二人で農業をしたい」という香織さんの望みを叶えるべく、西会津に戻り、目が見えなくてもできる農業はないかと探したのが椎茸でした。菌の香り、風の流れ、湿度の変化を敏感に感じ取りながら椎茸づくりに打ち込む香織さんは、農場一番の技術者として活躍しています。

「椎茸づくりは私たちの生きた証です」と語る高久さん夫婦。二人の足跡とともに日本一の椎茸をお届けします。

<申込締切>2019年9月8日


東北食べる通信とは?

 

独自の哲学でおいしい食べものを作り続ける東北各地のスペシャリストたち。毎月1回、彼らにクローズアップした特集記事とともに、彼らが収穫した食べものをセットでお届けしています。

 

生産者の迫真ドキュメンタリー

編集部が生産者を徹底取材。生産者の生き様と生産現場のリアルを情報誌でお届けします。

 

 

貴重な食材をご自宅で

市場にはなかなか流通しない、貴重な食材を現地直送でお届け。旬の食材をお楽しみください。

 

情報誌について

情報誌では、編集部入魂の生産者ストーリーの他、フードデザイナー中山晴奈氏監修のレシピをお届けします。手軽にできるものから、手間ひまをかけるものまで、東北の食に親しみを感じられるレシピをお試しください。

 

お届けイメージ

毎月1回、食材と情報誌をセットでお届けします。配送日やオプションのご指定も可能です。

 


 

 

1,680円(税込)+送料