3/3開催@グランフロント大阪【海苔師がこだわる「自家養殖の一番海苔」を味わう】

近年では、海苔の養殖業が身近ではないことや、スーパーで加工品コーナーで販売されていることなどから、海苔に海の幸のイメージを持っていない人もいるのではないでしょうか。
10月初旬の種付けに始まり、育苗、本張りを経て約2ヵ月と3週間をかけて伸びた芽を刈り取ります。その後、加工場でようやく私たちにおなじみの姿、板海苔となります。
古くは西国一の海苔産地として名をはせていた広島県の中で、海苔養殖が唯一残っている福山市。今回は、内海町田島からマルコ水産の兼田さんが自慢の自家養殖海苔を携えて登壇してくださいます。海苔師の思いと、海苔の旨味を味わえるひと時。ぜひお越しください。

お申込み・詳細はMUJIのwebサイトから
https://www.muji.com/jp/events/15869/

開催場所:グランフロント大阪内 Open MUJI
定員:各回20名(計40名)
参加費:500円
講師:兼田 敏信(マルコ水産有限会社)
梶谷 剛彦(『ひろしま食べる通信』編集長)
その他:試食、500円相当のお土産あり

ひろしま食べる通信

隔月刊
3,240円(送料・消費税込み)
広島県

広島県が「ふるさと」の人、広島県を「ふるさと」にしたい人へ。 平和都市でも世界遺産でもない、「食の生産地」という広島県の魅力を知り、「広島大好き!」な人たちがたくさん生まれ、つながってほしい。多彩な食材とそのつくり手のパワーを、存分に味わってください!

この食べる通信を購読する