地域と“おいしい”つながりをつくる 丹後半島の「食」と「職」を味わう交流会を開催

2019年10月18日(金)にホテルカンラ京都(京都市下京区)にて、京都府北部地域、丹後半島で育まれる海や里の食材を発信しているゲストを招き「丹後食べる交流会」を開催しました。

▲全員での記念写真

会場のホテルカンラ京都内にある、THE KITCHEN KANRAは京都食べる通信で特集した食材などを積極的にメニューに組み込んだイタリアン料理が味わえるお店です。
当日は丹後半島にゆかりのある方や、これからの暮らし方を考えてみたい方など約40人が集まり、会場は大いに盛り上がりました。

イベントでは、トークゲストがセレクトした食材に一夜限りの特別メニューとして、THE KITCHEN KANRAの藤原シェフが腕を振るいました。
「宮津産鮮魚とタコのカルパッチョ仕立て」「燻製シカ肉と梨のマリネ」などなど18品。お料理は参加者も大満足の様子でした。

▲丹後地域の食材がふんだんに使われた18種類のお料理。

トークゲストは、丹後地域で食のコーディネートを行う、丹後バルの関さん、オーガニック農家のもとで働く梅本農場の井上さん、京都食べる通信の向井が参加者に向けて丹後地域の食と生産者、食に関わる就職先などのお話しを行いました。

▲参加者同士の交流もできました。お料理がおいしいというお声も多数!

 

イベントの更なる詳しいレポートは下記よりご覧いただけます。
▼京都移住計画HP

丹後半島の「食」と「職」を味わう交流会

 

京都食べる通信では、このような生産者と食に興味のある方とが出会える場を定期的に作っています。
ご興味ある方は京都食べる通信Facebook及びInstagramをご覧ください。

■Facebook https://www.facebook.com/kyoto.taberu/
■Instagram https://www.instagram.com/kyoto.taberu/

京都食べる通信

隔月刊
2,300円(税込)+送料
京都府

【京都を深く知るフードジャーナル】 京都の知られていない魅力を生産者を通して知ってほしい!という想いから、ホテルカンラ京都・アンテルーム京都を運営しているまちづくり会社・UDS株式会社が京都食べる通信を制作します。 2ヵ月に一度、京都府の生産者や産地情報が載った情報誌と、食材をセットにしてお届けします。

運営者情報

UDS 株式会社
〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-19-19 2F
代表者:中川敬文
連絡先:kyoto@taberu.me

この食べる通信を購読する