お問い合せ/資料請求/来場予約
購読お申し込み/体験会お申込み/お問い合せ

menu
大阪食べる通信

SNSでシェアしよう!

NEWS

〉〉〉 第6号では茨木市 千提寺farm. の中井さんご夫婦が育てる貴重な「三島独活(うど)」と、失われかけた三島独活の復活に賭けたご夫婦のストーリーをお届けいたします。

大阪の名物は知っているけれど、大阪で作られている美味しい食材を知っている人は、少ないのではないでしょうか?
三方を山々に、西は海に囲まれた大阪。ここには毎日美味しさを求めて研鑽を重ねるすばらしい生産者さんがたくさんいるのです。
私たち大阪食べる通信は、「大阪の生産者さんと食材について自信と誇りを持って語れる大阪人を増やすため」に誕生しました。

大阪食べる通信は、情報誌+食材付で、2,300円(税込)+送料です。

情報誌(全16 ページ)

コンテンツ 01

特集生産者さん(10ページ)

大阪が誇る生産者さんを毎号1名紹介します。その生産者さんが伝えたい想いや美味しい食材作りの工夫などについてを、たっぷりと紹介いたします。

特集生産者さん

コンテンツ 02

食材レシピ(2ページ)

特集する生産者さんが作る食材はどのような食べ方が最適なのかを、生産者さん自身やその食材を愛しているシェフの方などがレシピを紹介いたします。

食材レシピ

コンテンツ 03

産地に行こう!(2ページ)

大阪食べる通信が開催した体験イベントについて紹介します。収穫だけではない様々な体験を通じてご参加の方がどのようなことを知ってくれたかをレポートいたします。

産地に行こう!

コンテンツ 04

+ご試食食材付

食材がどのようにして作られているかを知っていただき、オススメのレシピで調理をして食べていただけるよう、ご試食食材を一緒にお届けいたします。

ご試食食材

つながる

大阪食べる通信はSNSで
生産者さんと読者さんそして編集チームがつながります!

大阪食べる通信Facebook

大阪食べる通信Facebook

大阪食べる通信Facebookでは、これから紹介する生産者さんやその食材の情報を掲載します。次号以降で紹介する食材の成長状況をお知らせしたり、編集チームの動きなどを随時発信しています。
この大阪食べる通信Facebookで、一人でも多くの方に興味を持ってもらい、たくさんの方々に購読していただければと思っています。

大阪食べる通信Facebook

ご購読者には、大阪食べる通信【購読者限定】のFacebookグループにご招待いたします。ここでは、生産者さんから食材についてのアドバイスや読者さんから食材を調理した写真をアップしてもらったり、オススメのレシピ紹介、または、産地でのイベント紹介などの情報を楽しんでいただけます。
購読をご希望の方は下記の「購読お申込み」より申し込んでください。

到着までの流れ

Flow 01

会員登録をする

会員登録をする

webサイト

https://taberu.me/subscribe/osaka)にアクセス。
会員登録をお願いします。

Flow 02

収穫日を待つ

収穫日を待つ

発送準備が完了したら、メールにてお知らせいたします。天候によって発送時期がずれることもございますが、その都度ご連絡差し上げます。

Flow 03

ご自宅へお届け

ご自宅へお届け

宅急便でお届け。生産者と直接交流できるSNSやイベントでより深い食体験を楽しんでください。

お申し込みはこちら

次号で特集の生産者さん

大阪食べる通信の3月号は、「茨木市千堤寺の三島独活(うど)」と、唯一の農家「千提寺farm.」の中井さんご夫婦のストーリーをお届けいたします。

三島独活は江戸時代から続く地域を代表する名産品でしたが、過疎化、高齢化の波に抗えず、数年前には高齢の農家さん1件だけ、という状況になってしまいました。
この地で生まれ育った中井大介さんと、奥さんの優紀さんがこのまま無くなっていくのはもったいない、という思いで脱サラして、唯一の「三島独活農家」になりました。今では、様々な活動を通して、循環型社会の実現に奔走されています。

「三島独活」は、一般に販売されているウドとは違い、この地域に伝わる伝統農法「独活小屋」という小屋の中で大切に手間暇かけて育てられます。収穫量は決して多くはなく「まぼろしの食材」と呼ばれています。爽やかな味わいと、梨に似たシャキシャキした食感をお楽しみください。

イベント情報

ただいま開催予定のイベントはございません。

特集した生産者さん

  • 第5号
  • 特集生産者さん
    彩誉会 金沢桂輔さん他

岸和田生まれのにんじん「彩誉」を新しい岸和田の名産にする為に活動している彩誉会を特集しました。農家の高齢化が懸念される時代に、新規就農を志した金沢さんたちの想いと、地域名産作りに取り組む姿をお伝えしました。

きしわだ彩誉会 Facebookページ
https://www.facebook.com/ayahomarekai/

  • 第4号
  • 特集生産者さん
    シティファームデグチ 出口和晃さん

松原市で真菰筍(マコモダケ)を育てる生産者の出口さんを特集しました。
希少な高級食材であるマコモダケと、農業を通じて人と人とのふれあいを大切にする出口さんの想いを紹介しました。

シティファームデグチ Facebookページ
https://www.facebook.com/cfdeguchi831/

  • 第3号
  • 特集生産者さん
    葡萄園たちばなや 橘谷訓旨さん

羽曳野市で大正時代から続くぶどう農家の橘谷訓旨さんを特集しました。
13,000㎡の畑に実るぶどう1粒1粒に愛情をかけ、納得行くまで美味しさを追求する橘谷訓旨さんのストーリーを紹介しました。

葡萄園たちばなや
http://www.budou-t.com/

  • 第2号
  • 特集生産者さん
    原野牧場 原野さん親子

堺市の住宅街で100頭の牛を育てる原野さん親子を特集しました。
水、えさ、環境にこだわり愛情を持って育てた「大阪ウメビーフ」と都市型畜産農家の創意工夫と時代をつなぐ事業継承のストーリーを紹介しました。

農業組合法人 日野農産 原野牧場
http://www.umebeef.com/

  • 創刊号
  • 特集生産者さん
    ASAOKA浅岡農園 浅岡弘二さん

アーバンファームASAOKA農園の3代目経営者、浅岡弘二さんを特集。
トマト作りにかける想いだけでなく、大阪の農家を引っ張る若きリーダーとしての取り組みもご紹介いたしました。

ASAOKA浅岡農園
http://urbanfarm-asaoka.com/

大阪食べる通信は誌面と食材をお楽しみいただいた後も、
購読者専用Facebookで生産者さんや読者同志、編集部とつながることができます。

編集チーム

編集長 森山 裕

編集長

もりやま ゆたか

「大阪の○○は美味しいよ!」と、すべての大阪人が、大阪の食材自慢ができるようになったらどれだけ素晴らしいだろうか!そうなれば、大阪の生産者さんはもっとやりがいを感じ、もっと美味しい食材が私たちの食卓に届くようになる!そんな素敵な社会を実現するために私たち編集チームは「大阪食べる通信」を発行します。皆様応援お願いいたします!

発行人 森実 隆一

発行人

森実 隆一

すべての大阪の人が、大阪が誇る生産者さんと食材を語ることができる。そんな大阪を作りたいという編集長の想いに惹かれ大阪食べる通信の発行を決めました。まだまだ始まったばかりの新媒体なので、できることは小さいかもしれませんが、熱い想いを持って取り組めば実現できると信じています。

大阪食べる通信のサポーター

  • FARMER'S QUESTION
  • 株式会社商報
  • 不動産売却Partners
  • FARMER'S QUESTION