お問い合せ/資料請求/来場予約
購読お申し込み/体験会お申込み/お問い合せ

menu
大阪食べる通信

SNSでシェアしよう!

大阪の名物は知っているけれど、大阪で作られている美味しい食材を知っている人は、少ないのではないでしょうか?
三方を山々に、西は海に囲まれた大阪。ここには毎日美味しさを求めて研鑽を重ねるすばらしい生産者さんがたくさんいるのです。
私たち大阪食べる通信は、「大阪の生産者さんと食材について自信と誇りを持って語れる大阪人を増やすため」に誕生しました。

大阪食べる通信は、情報誌+食材付で、2,300円(税込)+送料です。

情報誌(全16 ページ)

コンテンツ 01

特集生産者さん(10ページ)

大阪が誇る生産者さんを毎号1名紹介します。その生産者さんが伝えたい想いや美味しい食材作りの工夫などについてを、たっぷりと紹介いたします。

特集生産者さん

コンテンツ 02

食材レシピ(2ページ)

特集する生産者さんが作る食材はどのような食べ方が最適なのかを、生産者さん自身やその食材を愛しているシェフの方などがレシピを紹介いたします。

食材レシピ

コンテンツ 03

産地に行こう!(2ページ)

大阪食べる通信が開催した体験イベントについて紹介します。収穫だけではない様々な体験を通じてご参加の方がどのようなことを知ってくれたかをレポートいたします。

産地に行こう!

コンテンツ 04

+ご試食食材付

食材がどのようにして作られているかを知っていただき、オススメのレシピで調理をして食べていただけるよう、ご試食食材を一緒にお届けいたします。

ご試食食材

つながる

大阪食べる通信はSNSで
生産者さんと読者さんそして編集チームがつながります!

大阪食べる通信Facebook

大阪食べる通信Facebook

大阪食べる通信Facebookでは、これから紹介する生産者さんやその食材の情報を掲載します。次号以降で紹介する食材の成長状況をお知らせしたり、編集チームの動きなどを随時発信しています。
この大阪食べる通信Facebookで、一人でも多くの方に興味を持ってもらい、たくさんの方々に購読していただければと思っています。

大阪食べる通信Facebook

ご購読者には、大阪食べる通信【購読者限定】のFacebookグループにご招待いたします。ここでは、生産者さんから食材についてのアドバイスや読者さんから食材を調理した写真をアップしてもらったり、オススメのレシピ紹介、または、産地でのイベント紹介などの情報を楽しんでいただけます。
購読をご希望の方は下記の「購読お申込み」より申し込んでください。

到着までの流れ

Flow 01

会員登録をする

会員登録をする

webサイト

https://taberu.me/subscribe/osaka)にアクセス。
会員登録をお願いします。

Flow 02

収穫日を待つ

収穫日を待つ

発送準備が完了したら、メールにてお知らせいたします。天候によって発送時期がずれることもございますが、その都度ご連絡差し上げます。

Flow 03

ご自宅へお届け

ご自宅へお届け

宅急便でお届け。生産者と直接交流できるSNSやイベントでより深い食体験を楽しんでください。

お申し込みはこちら

次号で特集の生産者さん

大阪食べる通信の6月号は、「泉南郡岬町の漁師 四至本さんご家族」のストーリーと「魚庭(なにわ)の海で獲れる真鯛」をお届けします。

昔から大阪湾は魚庭(なにわ)の海と呼ばれ、栄養分が豊富で、ガザミやシャコ、アナゴ、舌ヒラメなどは特に有名ですが、最近ではアコウや牡蠣なども育つ魚種豊かな漁場です。そんな大阪湾には13の漁港があり、今回は大阪最南端の町「泉南郡岬町の淡輪漁港」で、代々底引き網漁やしらす漁を営む四至本忠一さんとそのご家族を特集します。

環境変化による不漁は大阪湾でも大きな問題ですが、独自の工夫と家族の団結で逆境を乗り越えるストーリーとともに、四至本さんが獲る新鮮な「真鯛」をお届けいたします。

  • 大阪食べる通信6月号
  • 大阪食べる通信6月号

お届けする食材について

第7号では四至本さんが獲る「真鯛」を1匹まるごとお届けします。下処理の腕前や作りたいお料理によっても処理の仕方が変わると思いますので、下記を選べるようにしました。

基本/頭付(ウロコ、内臓は取って、頭は残しています。)※特に注文がない方はこの下処理をして送ります。

オプション①/そのまま(ウロコも内蔵も処理していない。):無料
オプション②/ウロコ、頭付(内臓は取って、ウロコ、頭は残します。塩釜焼き用です。):無料
オプション③/3枚おろし(ウロコ、内臓、頭を取って、身と背骨に分けます。頭と背骨は割って同梱します。):有料330円税込

煮付け、酒蒸し、アクアパッツァは「基本」、塩釜焼きは②がお勧めです。下処理をしてみたい!という方は①、下処理はやりたくない、、という方は③を選んでください。

後日注文確認メールが届きますので、その時に選択してください。

  • 大阪食べる通信第7号

    お届けする真鯛は、25cm前後の予定です。

近日下処理動画をアップしますので、
お楽しみに!

第7号のレシピ紹介

今回お届けする食材は真鯛ですが、お料理によって下処理が少し変わってきます。レシピページのお料理をひと足早く紹介しますので下処理選択の参考にしてください。

  • 大阪食べる通信第7号

    塩釡焼き
    オススメの下処理:②

  • 大阪食べる通信第7号

    煮付け、酒蒸し
    オススメの下処理:基本

  • 大阪食べる通信第7号

    アクアパッツァ、お造り
    オススメの下処理:基本

  • 大阪食べる通信第7号

    カルパッチョ、お造り
    オススメの下処理:基本

  • 大阪食べる通信第7号

    釡飯
    オススメの下処理:基本

その他オプションについて

・鯛1匹追加 1,100円税込
※基本の1匹と追加分とで別の処理を選択可能です。

・しらすのくぎ煮 150g 660円税込、300g 1,100円税込
関西ではイカナゴのくぎ煮は有名ですが、ここ泉州地域ではくぎ煮はしらすで作ります。イカナゴより身が柔らかいしらすのくぎ煮は鮮度が命。
漁から帰ったら数分後には作り始めるしらすのくぎ煮をぜひご賞味ください。
※漁の状況によってはご用意できない場合がございます。ご了承ください。

  • しらすのくぎ煮
  • しらすのくぎ煮

イベント情報

ただいま開催予定のイベントはございません。

特集した生産者さん

  • 第6号
  • 千提寺farm. 中井さんご夫婦
第6号 千提寺farm. 中井さんご夫婦
  • 第6号 千提寺farm. 中井さんご夫婦
  • 第6号 千提寺farm. 中井さんご夫婦

茨木市北部の千堤寺で、唯一となった「三島独活(うど)」農家の中井さんご夫婦を特集しました。
山深い自然林に囲まれた中で、江戸時代から続く伝統農法にこだわった栽培を続けるご夫婦の姿をお伝えいたしました。

千提寺farm.ホームページ
https://sendaijifarm.theshop.jp/

  • 第5号
  • 彩誉会 金沢桂輔さん他
第5号 彩誉会 金沢桂輔さん他
  • 第5号 彩誉会 金沢桂輔さん他
  • 第5号 彩誉会 金沢桂輔さん他

岸和田生まれのにんじん「彩誉」を新しい岸和田の名産にする為に活動している彩誉会を特集しました。農家の高齢化が懸念される時代に、新規就農を志した金沢さんたちの想いと、地域名産作りに取り組む姿をお伝えしました。

きしわだ彩誉会 Facebookページ
https://www.facebook.com/ayahomarekai/

  • 第4号
  • シティファームデグチ 出口和晃さん
第4号 シティファームデグチ 出口和晃さん
  • 第4号 シティファームデグチ 出口和晃さん
  • 第4号 シティファームデグチ 出口和晃さん

松原市で真菰筍(マコモダケ)を育てる生産者の出口さんを特集しました。
希少な高級食材であるマコモダケと、農業を通じて人と人とのふれあいを大切にする出口さんの想いを紹介しました。

シティファームデグチ Facebookページ
https://www.facebook.com/cfdeguchi831/

  • 第3号
  • 葡萄園たちばなや 橘谷訓旨さん
第3号 葡萄園たちばなや 橘谷訓旨さん
  • 第3号 葡萄園たちばなや 橘谷訓旨さん
  • 第3号 葡萄園たちばなや 橘谷訓旨さん

羽曳野市で大正時代から続くぶどう農家の橘谷訓旨さんを特集しました。
13,000㎡の畑に実るぶどう1粒1粒に愛情をかけ、納得行くまで美味しさを追求する橘谷訓旨さんのストーリーを紹介しました。

葡萄園たちばなや
http://www.budou-t.com/

  • 第2号
  • 原野牧場 原野さん親子
第2号 原野牧場 原野さん親子
  • 第2号 原野牧場 原野さん親子
  • 第2号 原野牧場 原野さん親子

堺市の住宅街で100頭の牛を育てる原野さん親子を特集しました。
水、えさ、環境にこだわり愛情を持って育てた「大阪ウメビーフ」と都市型畜産農家の創意工夫と時代をつなぐ事業継承のストーリーを紹介しました。

農業組合法人 日野農産 原野牧場
http://www.umebeef.com/

  • 創刊号
  • ASAOKA浅岡農園 浅岡弘二さん
創刊号 ASAOKA浅岡農園 浅岡弘二さん
  • 創刊号 ASAOKA浅岡農園 浅岡弘二さん
  • 創刊号 ASAOKA浅岡農園 浅岡弘二さん

アーバンファームASAOKA農園の3代目経営者、浅岡弘二さんを特集。
トマト作りにかける想いだけでなく、大阪の農家を引っ張る若きリーダーとしての取り組みもご紹介いたしました。

ASAOKA浅岡農園
http://urbanfarm-asaoka.com/

大阪食べる通信は誌面と食材をお楽しみいただいた後も、
購読者専用Facebookで生産者さんや読者同志、編集部とつながることができます。

編集チーム

編集長 森山 裕

編集長

もりやま ゆたか

「大阪の○○は美味しいよ!」と、すべての大阪人が、大阪の食材自慢ができるようになったらどれだけ素晴らしいだろうか!そうなれば、大阪の生産者さんはもっとやりがいを感じ、もっと美味しい食材が私たちの食卓に届くようになる!そんな素敵な社会を実現するために私たち編集チームは「大阪食べる通信」を発行します。皆様応援お願いいたします!

発行人 森実 隆一

発行人

森実 隆一

すべての大阪の人が、大阪が誇る生産者さんと食材を語ることができる。そんな大阪を作りたいという編集長の想いに惹かれ大阪食べる通信の発行を決めました。まだまだ始まったばかりの新媒体なので、できることは小さいかもしれませんが、熱い想いを持って取り組めば実現できると信じています。

大阪食べる通信のサポーター

  • FARMER'S QUESTION
  • 株式会社商報
  • 不動産売却Partners
  • FARMER'S QUESTION